競争激化!英国食品小売企業の市場シェアランキング

2月のメールマガジン「変化に注目!英国食品小売企業の市場シェアランキング」で、英国における2017年1月時点のマーケットシェアとアルディ、リドルの躍進について特集をしました。

その後約半年が経過しましたが、ランキングに動きがありましたので改めてご紹介したいと思います。また合わせて英国小売市場の最新事情をご紹介します。

 

以下の表は、英国の市場調査会社である「カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)社」が、5月下旬から8月中旬までの12週間の数値を集計した、8月13日付の最新の英国食品小売企業の市場シェアランキングです。注目すべきは、リドルが英国におけるシェアランキングで初めて、ウェイトローズを抜いて7位の座についたことです。

 

20170911chart.jpg

Big4と呼ばれる上位4社による市場の寡占化が特徴といわれる英国の小売市場ですが、ドイツ発の2大ディスカウントチェーンであるアルディとリドルの躍進により、上位4社の市場シェアは5年前に76.3%だったものが2月の時点で71.1%となり、今回の調査では69.3%にまで落ちてきています。

カンター・ワールドパネル社のデータによると、この12週間の英国食品小売り全体の売上は、平均で4%伸びており、シェアを落としているBig4各社も表の通り、それぞれ売り上げを伸ばしています。しかしながら、アルディが17.2%、リドルが18.9%と桁違いの伸びを示しているために、Big4のシェアが落ちているという状況です。

 

リドルは、子どものいる家庭を持つ消費者からの売り上げが40%以上伸びています。子どものいない家庭に比べて、子どものいる家庭では買い物一回あたりの購入額が高くなる傾向にあり、同社の売り上げ全体にも大きく影響しています。この売り上げの伸びは同社が子どものいる家庭に向けたホームページやテレビでの広告に力を入れてきた結果だと考えられます。具体的には、2016年度は前年の2倍となる7,800万ポンドを広告費に投入しています。

 

またアルディは、前年同時期に比べ、買い物客が約110万人増えたということです。同社は、英国で毎年1月と7月に行われている、英国内全業種の顧客満足度指数調査(UKCSI)の2017年7月の最新ランキング(食品小売部門)においてトップにもなっています。全業種のランキングではアマゾンがトップであり、アルディは8位となっていますが、アルディは前年同時期の34位から大きく順位を伸ばしています。このランキングは全体的なサービスの品質とスピード、顧客対応、スタッフのフレンドリーさ、苦情への対応、買い物のしやすさ、問い合わせへの対応など13部門に対して、1万人以上の一般消費者へのアンケート結果を集計したものです。この結果から、アルディは価格以外においても消費者から多くの支持を得ていることがうかがえます。

 

かつて英国の消費者は、自分のお気に入りの店舗での買い物を優先すると言われていましたが、シェアの変化を見ると、少しずつ状況が変わってきているようです。世界的市場調査会社であるニールセン(Nielsen)社の調査によると、「可能な限り安い商品を買うようにしている」という英国の消費者は、約30%にも上るとのことです。これは長引く経済不況と、2017年に入ってからのインフレ率の高騰(2017年7月のインフレ率は2.6%)が大きな原因といえるとのことです。

こうしたデータから、長引く経済不況が消費者の意識を変え、結果的に市場を寡占していたBig4が軒並みシェアを落とし、アルディとリドルがシェアを伸ばしているという構図になったと読み取ることができます。

 

この流れはしばらく続くと予想されていますが、市場シェアトップのテスコはシェアを落としつつあるものの、他社を大きく引き離しています。同社は今年、食品卸大手のブッカー(Booker)社を買収し、英国における食品仕入の強化をするなどの積極的な取り組みを行っています。この買収により、英国内のコンビニ市場の大半をテスコが独占するとも言われています。

また、テスコはアマゾンが登場する10年以上も前の1984年に、世界初のオンライン販売を開始したEコマースの先駆者でもあります。しかしながら英国の小売業界専門サイトであるリテール・タイムズ(Retail Times)社によると、2016年度の英国内におけるオンライン販売のトップは取扱額が約44億ポンドのアマゾンで、テスコは約29億ポンドで2位となっています。アマゾンに対抗するため、同社はロンドン全域での1時間以内の配達や、世界で初めて同一国内全域での食品も含めた同日配達を開始しています。

 

市場シェアの変化とともに、英国ナンバー1の食品小売企業であり、Eコマースの先駆者であるテスコが、アルディ、リドル、アマゾンといった急進勢力にどのように対峙していくのかについても、今後、注目していきたいと思います。

 

(2017.09.11配信)

 

<お知らせ>

2017年度秋から冬のアメリカ流通視察も募集中!
最新の注目視察先「ニューヨーク&リッチモンド」コースも5日間でご用意しました!
社内の少人数の研修や従業員表彰でのフィールドワークなど、様々な目的でご利用ください。

 

ryuutu_bnr2017ow.gif 

関連情報
▲このページのトップに戻る