変化に注目!英国食品小売企業の市場シェアランキング

英国の市場調査会社である「カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)」は、2017年2月7日に、おおよそ2016年11月〜2017年1月の12週間の英国食品小売企業の市場シェアランキングを発表しました。長年、12週間毎に調査を行ってきた同ランキングでは、英国企業が5位までの上位を占めてきましたが、1月29日発表の調査で、初めてドイツの大手ディスカウント・ストア、アルディが5位に入りました。これまで5位の座を守ってきた「コープ(Co-Op)」は、市場シェアに変化はないものの、6位に順位を落としました。

 

最新の各社の市場シェアは以下の通りです。

 

英国食品小売企業 市場シェア最新ランキング (おおよそ2016年11月〜2017年1月)

 

順位

小売企業名

2016年11月

〜2017年1月

2014年

3月〜5月

1

テスコ(Tesco)

28.1%

29%

2

セインズベリーズ(Sainsbury's)

16.5%

16.5%

3

アズダ(Asda)

15.6%

17.1%

4

モリソンズ(Morrisons)

10.9%

10.9%

5

アルディ(Aldi)

6.2%

4.7%

6

コープ(Co-Op)

6.0%

6.0%

7

ウェイトローズ(Waitrose)

5.3%

5.1%

8

リドル(Lidl)

4.5%

3.6%

9

アイスランド(Iceland)

2.3%

2.0%

※10位以下は特定の企業名での調査なし

 

英国食品小売企業は、上位4社(テスコ、セインズベリーズ、アズダ、モリソンズ)による寡占で知られていますが、市場シェアには変化が起きているようです。上位4社によるマーケットシェアは、2014年3月〜5月の調査では 73.5%でしたが、今回の最新の調査では71.1%に微減しています。今回5位に入ったアルディは1.5ポイント、リドルは0.9ポイントの市場シェアを、この3年足らずで獲得しており、ドイツ発の2大ディスカウント・ストアである、アルディとリドルの躍進がうかがえます。

 

本国ドイツではアルディ、リドル、ネットーといったディスカウント・ストアが市場の半分以上を占めていますが、英国でも存在感も増しているようです。またアルディは既に米国へも出店をしており、東海岸を中心に1,600店舗以上を展開しています。一方のリドルも、2017年夏頃の米国南東部エリアへの出店計画を明らかにしています。欧州だけでなく米国でも、ドイツ発のディスカウント・ストアに注目が集まりそうです。

米国進出予定のリドルについては、今後のメールマガジンで改めてご紹介したいと思います。

▲このページのトップに戻る