店舗レポート特集

現地レポート!アリババ実店舗最新事情


 

中国最大のEコマース企業である「アリババ」が手掛ける上海の実店舗を、今年2月上旬に当社社員が訪問しましたので、その際の現地レポートをお届けします。

今回訪問したのは、アリババが出資する上海の生鮮スーパーの「盒馬鮮生(フーマーションシエン)」と「盒馬鮮生」がコンビニエンスストア業態としてオープンした「F2」です。「盒馬鮮生」は2016年1月に上海で1号店をオープンし、既に北京や深センなどで20店舗以上が営業しています。「F2」は昨年12月に開業した、話題の店舗です。

(2018.2.20配信)

→ 詳細はこちら

 

写真付現地レポート!話題のアマゾン・ゴー


 

2017年初頭、米国シアトルに「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」の店舗がオープンすることが、アマゾンから発表されました。アマゾン・ゴーの店舗は既に完成しており、12月5日から同社の従業員のみを対象に試験的にオープンしています。

当社の社員が12月6日にシアトルで撮影した写真と合わせて、アマゾン・ゴーの詳細をご紹介します。

(2016.12.9配信)

→ 詳細はこちら


見てきました!シアトル最新小売事情@ホールフーズ編


 

まず、シアトルについての基礎知識です。
住民の人口に占める白人比率が77%程度と圧倒的な高さです。
そのためロサンゼルスをはじめとする他の西海岸の都市のように、利用店舗によって人種・民族の違いは感じられないのが特徴です。
そして、アメリカの中では小売業での収入が最も多い地域として知られています。
シアトル周辺都市にはマイクロソフトやボーイングなど有名企業の本社があるため高所得者も多く、住民のヘルス&ウェルネス志向が高いため、いずれの店を見ても「オーガニック」は付加価値ではなく「必須条件」になっている状況でした。

(2016.12.20配信)

→ 詳細はこちら

 

続・見てきました!シアトル最新小売事情Aクローガー編


 

シアトル郊外のギグ・ハーバー地区に2016年2月オープン。2015年秋に買収したラウンディーズ(シカゴでマリアノス・フレッシュマーケットを展開)から都心部展開のノウハウを得て作ったとも言われており、ローカル、ナチュラルなビューティー&ヘルスケアに力を入れた店舗となっています。自社の強みがあるカテゴリーが強調され、Simple Truthで埋め尽くされた売り場など非常に効果的な見せ方がされています。

(2016.8.19配信)

→ 詳細はこちら

 

第三弾!シアトル最新小売事情BローカルSM編


 

シアトルの中でも地域密着型で人々から高い支持を得ているローカルスーパーを今回はご紹介します。

まず、シアトルで人気のローカルチェーンには共通した特徴があります。

1.オーガニックを中心と品揃えが一般化していること。
2.上記に加え、地産地消や地域社会への貢献や共生を重視していること。

特に人々から支持を受けている二つのローカル企業をご紹介します。

(2016.8.30配信)

 

→ 詳細はこちら

 

シアトル番外編!Amazonのリアル店舗に行ってきました!


 

8月に3回にわたりレポートシアトルの最新小売事情をお伝えしてきました。


1.見てきました!シアトル最新小売事情@ホールフーズ編
2.続・見てきました!シアトル最新小売事情Aクローガー編
3.第三弾!シアトル最新小売事情3.ローカルSM編 


シアトルは小売業の最新トレンドをつかめる注目スポットであるのと同時に、Amazonの本拠地である事でよく知られています。ネット通販で急速な拡大を遂げてきたAmazonですが、実店舗の展開を実験的に行っています。

現在、オープンしている2店舗のうち、シアトルにある第1号店を訪ねました。

 (2016.12.20配信)

→ 詳細はこちら

 

ホールフーズの新コンセプト店に行ってきました!


 

2016年5月25日にWhole Foodsの新コンセプト店、「365 by Whole Foods Market(以下「365」)」の1号店がロサンゼルスのシルバーレイク地区にオープンしました。今月、当社実施ツアーでも早速視察で訪れましたので、オープン時の「365」のニュースリリースと、視察時の情報を合わせてお伝えします!

(2016.6.20配信)

 

→ 詳細はこちら

 

米国スーパーで当社スタッフがつい買ってしまうものとは?


 

当社のスタッフが、アメリカでついつい買ってしまう、もしくは、周りからお土産にリクエストされるものを、いつくかご紹介します。

(2016.6.10配信)

→ 詳細はこちら

 

ウォルマート最強アプリ「Savings Catcher」を使ってみた!


 

ウェブチラシの普及とともに注目を集めているのがウォルマートの開発した価格比較と最低価格保証のためのアプリ
「セービングキャッチャー(Savings Catcher)」です。

今回はこの注目アプリについてご紹介します。

(2016.3.31配信)

→ 詳細はこちら

 

NYでも行列の「シェイク・シャック」


 

オープンしてから10日ほど経過した日本初上陸の「SHAKE SHACK(シェイク・シャック)」。

外苑いちょう並木通り沿いに立つこのお店、秋の3連休でいちょう祭りもあり人通りも多い時期です。
開店後の行列を想定し、開店2時間前(AM9:00)に到着してみることに・・・。

しかし店の前にはすでに並んでいる方の姿が・・・

 

→ 詳細はこちら

 

タコベルにもヘルス&ウェルネスの波が?


 

◆「タコベル」オープンから一ヶ月経過も・・・なお行列! 

アメリカ視察をするとSCのフードコート等でよく見かけるのが、タコスでお馴染みのファストフードチェーン「タコベル」。

1980年代の撤退以降、日本では米軍基地内でしか食す事ができなかったタコベルが本格的に日本に再上陸しました。

(2015.6.5配信)

→ 詳細はこちら

 

トレーダージョーズの人気商品を実際に食べてみました!


 

クロワッサン冷凍生地(Frozen Croissants)

人気商品ランキング総合第3位/価格:4.49ドル(8個入り) /★★★
朝食での利用が想定されており、夜のうちに開封、プレートの上に並べて一晩放置しておくだけ。(約9時間、常温で解凍&発酵)朝、発酵が済んだ生地をそのままオーブンへ入れて、約25分で出来立てクロワッサンが完成。自然解凍して焼くだけの冷凍食品でありながら、焼き上がりを待つ間も、食卓に並べるときにも何とも言えない“特別感”のある「手作りクロワッサン」。9時間という放置時間(発酵時間)は、朝食を想定すると普段の生活リズムにぴったりで、出来上がりは、焼き立てということもあり、ホカホカ、ふわふわ。ほんのり香るバターの風味も“焼き立て”感を強調、気分が盛り上がる朝食に。ホームパーティーにもぴったりかも…と感じました。(※今回はプレーン味を購入)

(2016.4.10配信)

 

→ 詳細はこちら

海外流通事情の最新情報を配信 メールマガジン登録はこちら

▲このページのトップに戻る