見てきました!シアトル最新小売事情@ホールフーズ編

まず、シアトルについての基礎知識です。
住民の人口に占める白人比率が77%程度と圧倒的な高さです。
そのためロサンゼルスをはじめとする他の西海岸の都市のように、利用店舗によって人種・民族の違いは感じられないのが特徴です。
そして、アメリカの中では小売業での収入が最も多い地域として知られています。
シアトル周辺都市にはマイクロソフトやボーイングなど有名企業の本社があるため高所得者も多く、住民のヘルス&ウェルネス志向が高いため、いずれの店を見ても「オーガニック」は付加価値ではなく「必須条件」になっている状況でした。



ベルビュー市について

20160810_01.jpg

ベルビュー市はシアトルからワシントン湾を挟んだ対岸に位置します。
マイクロソフトなどが本社を置くベルビュー近郊のレドモンドでは、タワーマンションの建築が厳しく制限されている中、シアトルとレドモンドの中間地点に位置することから、IT産業に従事する富裕層が居住しています。また、ベルビュー自体にも、数多くのIT企業が本社を構えています。
ちなみにこうした企業は、ニューヨーク市場に合わせた勤務時間をとるために朝7時勤務開始・・・という企業が少なくないとのことです。ですから、シアトルの朝は早いのも特徴です。


2016年9月14日オープン予定の「365 バイ ホールフーズマーケット 」について

ホールフーズの新コンセプト店「365 バイ ホールフーズマーケット 」の3号店がベルビュー内にある「ベルビュースクエア」にオープンするということで、出店予定地を実際に見てきました!

ベルビューには既存のホールフーズマーケットも出店しています。
地図の上では、ベルビューでの365とホールフーズの出店場所は距離にして1.5kmほどで至近距離です。しかし、実際のところは、シアトル周辺都市は渋滞がひどく、両店舗間の移動は車で約20分〜30分程度かかりました。
まずは「365 バイ ホールフーズマーケット」の予定地からご紹介します。

20160810_02.jpg
「ベルビュースクエア」はベルビューの中心地にある大型SCです。街の中心地にしては珍しく、広い駐車場が無料で利用できます。元々、この365の予定地には「J.Cペニー」が入居していたようです。
高級感漂うSCの中の1階から更に半分ほど地下に潜るような形で立地しています。

20160810_03.jpg 20160810_04.jpg

SCの中ではありますが、駐車場へ直結なので、食料品を買ってから長い時間SCの中を歩く必要はありません。
SCの他のテナントを見ると、ミレニアル向けの店舗が多いため、主にオフィスで働く若い女性をターゲットに出店場所と定めたような印象を受けました。


次にベルビューにある既存の「Whole Foods Market」についてご紹介します。

20160810_09.jpg

20180810_06.jpg 20160810_07.jpg 20160810_08.jpg

この店舗は、他都市にあるホールフーズと大きな違いはありません。
惣菜や調理コーナーが充実し、明るい光が差し込む窓側のイートインスペースでゆったりと食事を楽しめます。すでに出来上がったピザも、窯で温め直してくれるので、できたて同様の味を楽しむことができました。
ベルビュースクエアは比較的若者が目立っていましたが、ホールフーズではご年配の方も含めて純粋に日用品の買物目的で来店をしているような印象を受けました。

この至近距離に出店する事で社内競合を起すのでは…と感じた方もおられると思います。
しかし、ホールフーズはあえてその実験をするために、この立地を決めたというコメントを決算発表で出したという報道がありました。この地区での実験結果を、全米での展開にも反映させていくのではないかと考えられます。
ベルビュー地区における365 by Whole Foods Marketと既存店の比較が今後、楽しみです。

次回は全米スーパーマーケットチェーンの第二位を誇る、クローガーの新コンセプト店と既存のクローガー系列のローカルチェーンについてご紹介します。

 

★お知らせ★

今後の注目がますます高まるシアトル。このトレンドを先取りする視察を企画いたしました!

ご興味のある方は、パンフレットを作成中ですので是非請求ください!(発送は9月中旬予定)

資料請求はこちらから

▲このページのトップに戻る