米国スーパーで当社スタッフがつい買ってしまうものとは?

当社のスタッフが、アメリカでついつい買ってしまう、もしくは、周りからお土産にリクエストされるものを、いつくかご紹介します。

 

1.エコバッグ

日本のネット通販でも販売されているアメリカのスーパーマーケットのエコバッグ。

おしゃれで日常のサブバッグとして使えそうなものや、肩掛けサイズで保冷・保温機能があるものなど、様々です。視察中に試食用の食品を購入する際に使用した後、そのまま自分のお土産用にすることもあり、いつの間にか、自宅にはエコバッグがいくつも…なんてこともあります。トレーダージョーズは、各都市オリジナルのデザインもあり、買ってしまうアイテムの一つです。

ecobag.JPG

 

2.ミル付スパイス、調味料

トレーダージョーズの大人気商品、ミル付スパイス。1.99ドル〜と価格もリーズナブル。一番人気はピンクソルトで、その他にも岩塩、黒胡椒、レモンペッパーなど種類も豊富です。個人的なお勧めは「EVERYDAY SEASONING」。塩味がきつすぎず、肉料理や魚料理の風味づけにぴったり。キッチンに並べておくだけでもかわいらしく、食卓をおしゃれに彩ります。トレーダージョーズ以外にも、日本ではあまり見かけないスパイスやハーブの風味がついたものも多く、調味料は、女性のお土産に人気のアイテムです。

salt.JPG

3.部分用洗剤

自分用や、周りのスタッフに依頼されて購入する人が多いアイテム。「TIDE」のしみ抜きや、部分汚れ用スティック洗剤「RESOLVE」は、値段も手頃で、汚れがよく落ちると評判。ついリピートして買ってしまうアイテムです。ウォルマート等で手軽に買えます。

stainstick.JPG

 

その他にも、かさばらないものとしては、こんなものもお土産にぴったりです。

 

4.スキンケアグッズやメイクグッズ

 オーガニックの石鹸、ハンドクリームやリップクリームなど。値段も手ごろで、ばら撒き用のお土産にもぴったり。ホールフーズやスプラウツマーケット、トレーダージョーズなど、おしゃれなデザインでもらった方もうれしくなります。香りの種類も豊富な石鹸は、スーツケースの中に入れて持ち帰るとレストラン等で臭いのついてしまった衣服の消臭効果も。香りが苦手な方には無香料のものも最近は増えています。

cosmetic.JPG

5.チョコレートやアメリカらしいお菓子

 キャラクターの絵柄がついたジップロックを一緒に買って、ばら撒き用のお土産にすることも多いアイテムです。ハロウィーンやイースターなど大きな祝祭日の前には、ハーシーズ、M&Mなどは限定デザインのパッケージのものが大量に売られています。西海岸では、ギラデリのチョコレートもおいしいと評判、社内では特にラズベリーが人気です。ウォルグリーンなどのドラッグストアでは専門店より安く手に入ります。

chocolate.JPG

6.グリーティングカード

 スーパーマーケットやドラッグストアで販売されているグリーティングカード。1ドル程度〜10ドル近くするものまでありますが、カラフルでおしゃれなものが豊富です。バースデーカードや母の日・父の日カードなどを購入して、ストックしておくと、必要な時に使えるアイテムです。

greetingcard2.JPG

 

店舗視察中は、ちょっとした買い物することで、お店側にとっても「お客さま」になりますし、その店舗のレジ応対もよくわかります。

レジでは、「Hi!」、「How are you?」とフレンドリーに話しかけられることがほとんど。慣れていないと驚きますが、「Hi!」、「Fine,thank you!And you?」などと返すと、相手も微笑んでくれるので、気持ちよくレジを通ることができます。

ちなみに、アメリカのレジ係のスタッフの多くは、日本のお店のようにてきぱきしていませんので、会計に思わぬ時間が取られることもあります。レジは集合時間までに余裕を持ってお済ませくださいね。

関連情報
▲このページのトップに戻る