ボーグルネル(Beaugrenelle)〜2013年パリにリニューアルした欧州最大級SC


ボーグルネル Beaugrenelle

Beaugrenelle01.jpg 

パリ エッフェル塔近くの15区 Front-de-Seine(セーヌ河岸地帯)に2013年10月、リニュールオープンした欧州最大級のSC。セーヌ川に面しているこの地区は、20世紀には自動車メーカー「シトロエン」の工場地帯として栄え、1970年代にはパリ市内でも稀に見る高層ビル群が集中する住宅と商業エリアとなっていましたが、新しい商業地区として再生させるため、既存SCの名称を残して新しい価値観で全面的に建て替えられました。フランスではこれまで、路面の小売店が住人の生活を支えてきましたが、都市の地価の高騰とともに、「仕事は市内・生活は郊外」というスタイルが増加。従来の都市型生活様式が崩れ、経済的な理由から、都市部の一等地に店舗を構えることが出来るのは売り上げの伸びているチェーン店やブランドに限定され、小売店の行き場が失われていきました。ボーグルネルが位置する一帯も同様で、1978年にオープンした同SCは、80〜90年代には一帯住人の生活を支えてきましたが、建物の劣化が進むと同時に、需要と供給のバランスが取れなくなり売り上げも落ち込んでいました。

 

 10年近くに及ぶ大改装工事の末、2013年にリニューアルした同SCは既存の建物の間に残された空き地を緑化、総面積4万5,000平方メートルに約110のテナントが入る巨大SCに変身を遂げました。建物は3つにわかれており、ブリッジでジョイントする4層構造になっています。外観は、コンクリート造りの建物から、街の景観に融合したガラス張りのモダンな建物に生まれ変わりました。この建築は、環境に配慮した建築物に与えられる環境型建築物ラベルを二種類( HQE/フランス高環境品質認証と、イギリスのBREEAM /Building Research Establishment Environmental Assessment Method の「とても良い」の評価)を習得した欧州SC第一号となりました。屋上も二つの建物で、サッカー場に匹敵する広さの7,000平方メートルが緑地化され、植物の水やりには雨水が利用されています。また、フランス野鳥の会とも提携してスズメやシジュウカラといった都市部に生息する鳥のための巣箱を設置、そのほか共同菜園や養蜂箱が地元のNPO向けに無料で提供されています。

 

 同SCは、エッフェル塔から南西へ少し歩いた所に位置しています。このあたりはパリ有数の人口密集地区であることから、観光客はもちろん、近隣からの集客も見込まれています。実際、オープン直後から最寄りのメトロ駅「シャルル・ミシェル」は乗客数を増やし、付近の不動産も値上がりし始めています。30分圏内の商圏には、約280万人の人口があり、所得水準ではフランス国内の平均より60%ほど高い層が居住しています。エッフェル塔前から同SCの近くまで、誰でも利用できる無料のセーヌ川専用クルーズ船(約5分間)のサービスも導入されており、年間来客数1,200〜1,500万人が見込まれています。エッフェル塔からの距離は約700メートル、バス停、メトロ駅、RER(フランス国鉄が運営する 高速郊外鉄道)駅に近接した交通至便の立地となっています。駐車台数は約1,100台で、カーシェアリングやバイクシェアリングの設備も備えています。

 

 館内は吹き抜けで、開放感のあるスペースと天窓からの外光が心地よいスペースを作り出しています。建物は、ファッション・インテリア・カルチャーの「MAGNETIC館」、飲食と趣味・娯楽の「PANORAMIC館」、「CITY館」(2008年から既にオープン)の3つから構成されています。セーヌ川の一番近くに位置する「MAGNETIC館」は白を基調とした吹き抜けの設計で、その広さがより強調されています。また、パリの華やかなデパートの雰囲気が再現され、有名アーティストの巨大モビールアートがあるガラス天井の吹き抜けアトリウムを中心に、ZARAやH&M、ユニクロなどのニューコンセプトショップ75店が並びます。

 

Beaugrenelle02.jpg 
【MAGNETIC館】 ※ファッション・インテリア・カルチャー

ゲルラン、マイケル・コース 、バカラ、ラコステ、プチ・バトー、ユニクロ、Muji(無印良品)、ZARA、H&M、ロクシタン、など

【PANORAMIC館】 ※飲食・趣味・娯楽

映画館(10館)、マークス・アンド・スペンサー(イギリスの高級スーパー・チェーン店)、セーヌ川のパノラマレストランなどのグルメテナント

【CITY館】

郵便局、薬局、テレコム、マクドナルドなど

 

 

 

 

関連記事(フランスのその他のSC)

 

 

上記SCの視察に関するお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 043-350-3611

コーポレイト営業部 

取扱営業時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


メールでのお問合わせはこちら
上記SCの視察をオーダーメイドで2名様から承ります
「米国オリジナル流通事情視察研修」
※米国以外もお見積り致しますので、お問合せください

▲このページのトップに戻る