発表!アジアの小売企業最新売上ランキング

グローバル規模の市場調査を行っている世界的企業であるユーロモニターインターナショナル(Euromonitor International〜https://www.euromonitor.com/)社が、アジア太平洋地域における小売企業最新売上ランキングを2021年5月に発表しました。

同社レポートでは、2020年のアジア太平洋地域の小売業全体売上高は前年から4%減少となったものの、アリババや京東商城等テック・ジャイアント企業の躍進により、2020年〜2025年の小売業年平均成長率はラテン・アメリカに次いで2番目と予測されているということです。

実際2020年のEコマース売り上げに関しては、アジア太平洋地域は2桁の成長となっており、特に巨大な国内消費主導型経済を持つインド、先進技術を誇る日本と韓国および中産階級が急速に増えている中国の4カ国がEコマース部門のけん引役を果たしており、この4カ国はユーロモニター社による「Eコマースの成長が見込まれる世界のトップ10カ国(E-Commerce Readiness Modelより)」にランクインしています。アジア太平洋地域の小売業全体の売上上位20社は以下の通りです。 

(※売上高単価=100万ドル)

 

◆小売業全体

順位

企業名

2020年売上高

2019年売上高

1

アリババ(Alibaba Group Holding Ltd) (中)

367,060

298,523

2

京東商城(JD.com Inc) (中)

261,231

221,923

3

イオン(AEON Group) (日)

79,987

76,564

4

セブン&アイ(Seven & I Holdings Co.,Ltd) (日)

77,235

80,198

5

 ピン多多(Pinduoduo Inc) (中)

*ピンは手へんに「并」

57,000

32,056

6

蘇寧易購集団(Suning.com Co.,Ltd) (中)

50,067

43,121

7

アマゾン(Amazon.com Inc) (米)

43,293

36,723

8

ウォルマート(Walmart Inc) (米)

34,482

32,607

9

新世界百貨店(Shinsegae Co.,Ltd) (韓)

24,751

24,816

10

ユニー・ファミリーマート(Family Mart Uny Holdings Co.,Ltd) (日)

21,255

22,329

11

ロッテグループ(Lotte Group) (韓)

21,057

25,170

12

クーパン(Coupang Corp) (韓)

20,095

12,532

13

唯品会(Vipshop Holdings Ltd) (中)

19,569

18,409

14

日本生活協同組合連合会(Japan Consumers Cooperative Union)(日)

16,261

15,008

15

ローソン(Lawson Inc) (日)

15,877

16,311

16

ヤマダ電機(Yamada Denki Co.,Ltd) (日)

15,591

14,887

17

ファーストリテイリング(Fast Retailing Co.,Ltd) (日)

15,586

16,215

18

華潤創業(China Resources Enterprise Ltd) (中)

15,348

14,551

19

オーシャン(Auchan Group SA) (仏)

14,682

14,129

20

ネイバー(Naver Corp) (韓)

14,278

8,334

 

次に、アジア太平洋地域の食品小売(Grocery Retailers)、非食品(Non-Grocery Specialists and Mixed Retailers)およびEコマース(E-Commerce)の3部門における上位5社のランキングは以下の通りです。

 

◆食品小売部門(Grocery Retailers)

順位

企業名

2020年売上高

2019年売上高

1

セブン&アイ(Seven & I Holdings Co.,Ltd) (日)

59,743

60,796

2

イオン(AEON Group) (日)

25,176

23,386

3

ユニー・ファミリーマート(Family Mart Uny Holdings Co.,Ltd) (日)

21,377

22,450

4

ローソン(Lawson Inc) (日)

15,765

16,189

5

華潤創業(China Resources Enterprise Ltd) (中)

15,276

14,418

 

新型コロナウイルスがもたらしたパンデミックにより、自宅での食事の機会が激増しました。消費者は買い物の回数を減らし、一度に大量の食料品を買うために、品揃えの豊富な大規模店舗が恩恵を受けました。 その結果、ランク外ですが、前年7位だったフランスのオーシャンが韓国の新世界と入れ替わり6位に入りました。 パンデミック下で中国と台湾で売り上げを伸ばした結果です。

 

◆非食品部門(Non-Grocery Specialists and Mixed Retailers)

順位

企業名

2020年売上高

2019年売上高

1

イオン(AEON Group) (日)

53,331

52,503

2

セブン&アイ(Seven & I Holdings Co.,Ltd) (日)

16,189

18,084

3

ヤマダ電機(Yamada Denki Co.,Ltd) (日)

15,114

14,493

4

ファーストリテイリング(Fast Retailing Co.,Ltd) (日)

14,516

15,470

5

パンパシフィック・インターナショナル(Pan Pacific International Holdings Corp)  (日)

12,095

11,971

 

非食品部門では、パンデミック下での閉店や客足の減少により前年比14%の売上減となりました。

そんな中イオンは日用品や衛生用品の需要の高まりにより僅かながら売り上げを伸ばし、ウエルシアやツルハといったヘルス&ビューティ関連の同社ブランドによる貢献が大きかったようです。

 

◆Eコマース部門(E-Commerce)

順位

企業名

2020年売上高

2019年売上高

1

アリババ(Alibaba Group Holding Ltd) (中)

361,226

293,692

2

京東商城(JD.com inc) (中)

261,231

221,923

3

ピン多多(Pinduoduo Inc) (中)

57,000

32,056

4

アマゾン(Amazon.com Inc)  (米)

43,303

36,733

5

蘇寧易購集団(Suning.com Co.,Ltd) (中)

40,313

30,584

 

Eコマース部門では中国のアリババと京東の2社による独壇場となっています。

パンデミック下での店舗閉鎖などで、消費者はEコマースでのショッピングに走り、小売企業はオンライン市場における

プレゼンスをアップしようと試行錯誤しました。  特にアマゾンを抜いて3位にランクインしたピン多多(Pinduoduo Inc)は、ソーシャルメディアを利用した農産物の共同購入という新しいビジネスモデルを構築し、前年比78%増という驚異的な成長をしました。

 

当社ではアメリカやヨーロッパの小売関連のメールマガジンを中心にお届けしておりますが、今後はアジア太平洋地域の最新情報にも注目をしていきたいと思います。

 

なお今回のランキング資料は全て、ユーロモニターインターナショナル社発行の報告書からの抜粋です。

同社報告書は以下のリンクからご覧いただけます。

https://bit.ly/3y0umXF

 


(2021.7.1配信/記事作成:イオンコンパス(株)営業戦略部)

関連情報

 

開催中のオンラインセミナー情報はこちらをクリックしてチェック!

▲このページのトップに戻る