発表!米国食品小売企業 売上ランキング2021

ちょうど1年前(2020年6月1日)に弊社メールマガジン「発表!米国食品小売企業 売上ランキング2020」にて、アメリカの小売業界誌大手プログレッシブ・グローサー(Progressive Grocer)誌が集計したアメリカに店舗を持つ食品および消耗品(food and consumables)を取り扱う小売企業の売上高ランキングを紹介しましたが、最新のランキングが発表されました。

1年前に発表されたランキングは、まだ新型コロナウイルスの影響を受ける前の数値ということで、全100社のうち86社が前年度より売上げを伸ばし、100社の売上高合計も*1.87兆ドルで前年度から5.7%の伸びでした。

(*最終的に売上高合計は1.892兆ドルで6.9%の伸びと修正されています)

 

今回のランキングは100%新型コロナウイルスの影響下での数値となりますが、歴史的なパンデミック下における消費行動の劇的な変化、特に食料品や日用品需要の高まりにより、今回の100社合計売上高は11.6%伸びて2.112兆ドルと記録的な結果となりました。

以下、売上高上位20社のランキングです。

 

順位

企業名

売上高(100万ドル)

前年数値

伸び率

店舗数

1

ウォルマート(Walmart US)

369.963

341.004

8.49%

4,743

2

アマゾン(Amazon) ホールフーズ除く

220,058

153,581

43.28%

36

3

クローガー(The Kroger Co)

132,498

122,286

8.35%

2,743

4

コストコ(Costco)

115,788

106,092

9.14%

552

5

ウォルグリーンズ(Walgreens Boots Alliance)

107,701

104,532

3.03%

9,021

6

ターゲット(Target)

93,561

78,112

19.78%

1,868

7

CVSヘルス(CVS Health)

91,198

86,608

5.30%

9,962

8

アルバートソンズ(Albertsons Cos.)

69,690

62,455

11.58%

2,277

9

サムズ・クラブ(Sam’s Club)

63,910

58,792

8.71%

599

10

アホールド・デレーズ・アメリカ(Ahold Delhaize USA)

51.838

44,841

15.60%

1,970

11

パブリクス(Publix Super Markets)

44,864

38,116

17.70%

1,264

12

ロブロウ(Loblaw Companies Ltd)

41,388

37,716

9.74%

2,439

13

エイチ・イー・バット(H-E-B)

36,816

29,700

23.96%

354

14

アリマンタション・クシュタール(Alimentation Couche-Tard)

36,680

38,999

▲5.95%

7,283

15

ダラー・ゼネラル(Dollar General)

33,746

27,753

21.59%

17,177

16

C&Sホールセール(C&S Wholesale Grocers)

31,450

28,500

10.35%

7,700

17

ウォルマート・メキシコ(Walmart de Mexico y CentroAmerica)

28,664

26,517

8.10%

2,634

18

マイヤー(Meijer Inc.)

24,157

20,350

18.71%

256

19

ライトエイド(Rite Aid)

24,043

21,928

9.65%

2,510

20

コストコ・カナダ(Costco Canada)

21,185

19,502

8.63%

101

※Progressive Grocerデータより(前年数値は発表後の調整により一部変更となったものがあります) 

 

このデータはアメリカ国内でビジネスを展開している全ての小売企業を対象としており、アメリカ以外に本社を持つ企業も含まれます。

上位20社で最も売上を伸ばしたのは昨年同様アマゾンで、前年の24.52%を超えて43.28%と大幅な伸びとなりました。

Eコマース市場分析企業大手のEdge by Ascential社の市場調査部門であるRetail Insigetが先日発表したレポートによると、“2025年までにアマゾンがウォルマートを抜いて世界最大の小売企業になるだろう”と予測しています。

今回のProgressive Grocer社のランキングもそのレポートを裏付けるかたちとなっており、1年前までウォルマートの売上高はアマゾンの約2.2倍でしたが、今年は約1.68倍まで差が縮まってきています。

引き続きこの2強の動向からは目が離せません。

 

続いて21位以下の主な企業のランキングです。

 

順位

企業名

売上高(100万ドル)

前年数値

伸び率

店舗数

24

アルディ(Aldi US)

17,056

15,486

10.14%

2,080

28

トレーダー・ジョーズ(Trader joe’s Co)

14,100

13,000

8.46%

530

35

ウェグマンズ(Wegmans Food Markets Inc.)

10,695

9,700

10.26%

105

44

ウィンコフーズ(Winco Foods Inc.)

7,795

6,858

13.66%

131

48

スプラウツ・ファーマーズ・マーケット(Sprouts Farmers Market)

6,468

5,634

14.80%

362

69

グロサリー・アウトレット(Grocery Outlet)

3,134

2,559

22.47%

380

96

リドル(Lidl)

1,025

779

31.58%

125

 

アルディは売上を10.14%伸ばして、昨年の26位から24位にランクアップしました。

また昨年初めてランクインしたリドルは、アルディ同様ドイツ生まれの世界的ハード・ディスカウント業態の企業ですが、

31.58%という驚異的な売上増という結果となり、店舗数も前年の95店舗から125店舗まで拡大しました。

 

リドルが進出しているエリアでは、リドルの出店に合わせて既存の競合店が一斉に値下げをするなど‘リドルの脅威’として報じられています。

リドルの急成長は、一般のスーパーに比べ平均2〜3割安い価格設定であることが消費者に支持される理由の一つとして挙げられます。取扱商品の約90%は、値段を低く抑えつつも品質の高いことで多くの受賞実績のある同社プライベートブランド商品群により支えられています。

 

今後もアルディとリドルのドイツ勢は、アマゾンVS.ウォルマートと同様に注目していきたいと思います。

 

(2021.6.2配信/記事作成:イオンコンパス(株)営業戦略部)

関連情報

 

6月29日(火)開催セミナーのご案内(詳しくはタイトルをクリック)

『トレーダージョーズ徹底解説&NCR社による米国小売業 店舗のデジタル化最前線』

▲このページのトップに戻る