米国の働きたい企業トップ30

今回のメールマガジンでは、世界最大級のビジネスSNSの運営会社として知られているLinkedIn(リンクトイン)が発表した、米国の働きたい人気企業ランキングをご紹介します。

 

就職希望者の傾向として、自身が影響力を発揮しながら成長を感じられる企業への就職希望が高いとのことです。上位25位の中にITやインターネット系の企業が約半数含まれており、就職先として人気であることがわかります。

トップにランクインした企業側は、多様な人材を受け入れるための制度や施設を充実させたり、従業員の健康管理を重点的に行っているとのことです。

 

順位

企業名

業種

従業員数

(全世界)

1

Amazon(アマゾン)

インターネット

566,000

2

Alphabet(アルファベット)※Google(グーグル)

IT&サービス

80,110

3

Facebook(フェイスブック)

インターネット

25,100

4

Salesforce(セールスフォース)

インターネット

30,000

5

Tesla(テスラ)

自動車

37,000

6

Apple(アップル)

家電

123,000

7

Comcast NBC Universal

(コムキャスト・エヌビーシーユニバーサル)

メディア

164,000

8

The Walt Disney Company

(ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー)

エンターテイメント

199,000

9

Oracle(オラクル)

IT&サービス

138,000

10

Netflix(ネットフリックス)

エンターテイメント

5,500

11

Spotify(スポティファイ)

音楽

2,960

12

Uber(ウーバー)

インターネット

15,000

13

McKinsey&Company

(マッキンゼー・アンド・カンパニー)

マネージメント・

コンサルティング

25,000

14

Adobe(アドビ)

コンピューター・ソフトウェア

18,000

15

Airbnb(エアビーアンドビー)

インターネット

4,000以上

16

Time Warner(タイムワーナー)

エンターテイメント

25,000

17

Dell Technologies(デル・テクノロジー)

IT&サービス

140,000

18

JP Morgan Chase & Co.

(JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー)

金融サービス

240,000

19

LVMH(ルイ・ヴィトン)

ラグジュアリーグッズ&宝飾

145,000

20

IBM

IT&サービス

378,000

21

Samsung(サムスン)

家電

310,000

22

Deloitte(デロイト)

マネージメント・

コンサルティング

263,900

23

Verizon(ベライゾン)

IT&サービス

155,400

24

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)

金融サービス

34,400

25

PwC

会計

236,235

26

Boston Consulting Group

(ボストン・コンサルティング・グループ)

マネージメント・

コンサルティング

14,000

27

Live Nation Entertainment

(ライブ・ネーション・エンターテイメント)

エンターテイメント

正社員10,000以上

28

Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)

金融サービス

57,000

29

EY

会計

250,000

30

Stryker(ストライカー)

医療機器

33,000

※500名以上の従業員がいる企業が対象であり、リンクトインはMicrosoft(マイクロソフト)の傘下企業であり、以下のランキングから両社は除外されているとのことです。

 

このランキングは、LinkedInが5億人以上の自社サービスの利用者が行った就職活動を基にしています。その企業への興味や企業在籍者の定着率などが加味されており、具体的には、「各社への求人応募(LinkedInを通した応募)」「各社への就職に対する関心(企業のキャリアページの閲覧やページフォロー数)」「各社の従業員への関心(在籍している従業員への質問や問い合わせ数)」「従業員の定着率(最低でも1年以上継続して勤務しているか)」という4つの指針に基づき、順位をつけています。2018年版は、2017年2月から2018年1月の12か月間の集計となります。

 

リンクトインのサービス利用者からのデータということもあり、専門性の高い業界が上位となっていますが、「働きがいのある企業ランキング」とは異なる結果となっており、入社前後ではやはり違いがあるということでしょうか。様々な企業ランキングを比較してみるのも、企業の内外からの評価が見え面白いのではないでしょうか。

 

 

(2018.04.20配信)

 

<お知らせ>

2018年度のアメリカ流通視察を募集中!
「ロサンゼルス」「ニューヨーク」の定番コースに加え、従業員表彰に最適な「ホノルル」コースも5日間でご用意しました!
社内の少人数の研修や従業員表彰でのフィールドワークなど、様々な目的でご利用ください。

 

ryuutu_bnr2017ow.gif 

関連情報
▲このページのトップに戻る