食の最新トレンドスポット、フードホールをご紹介!

数年前からニューヨークの新グルメスポットとして話題の「フードホール」をご紹介します。フードホールとは、カジュアルなイメージがあるフードコートを進化させ、高級感を持たせたり、こだわりの店舗を集めたりした、食事スペースです。

今回は、ご視察時にもよくご紹介するマンハッタンエリアのおすすめフードホールをご紹介します。

 

@  イータリー(Eataly)

イータリーはイタリア・トリノ発祥の、高品質なイタリア食材とレストランが集まったフードマーケットであり、フードホールだけではない、巨大グルメスポットです。ニューヨーク1号店は2010年にオープンし、大変話題になりました。

2016年にはダウンタウンに2号店がオープンし、レストランやカフェ、カウンター付きの店舗が12店舗ほど入っています。お店で購入した食品をその場で食べることのできるよう、フードホールのスペースも広く作られています。

2017年8月には東京駅構内にもレストラン併設型の店舗がオープンし、話題となっています。

住所:

1号店:200 Fifth Avenue, New York, NY 10010

2号店:4 World Trade Center, 101 Liberty Street, Floor 3, New York, NY 1000

公式HP(外部サイト):https://www.eataly.com/us_en/

 

2017103101.jpg 2017103102.jpg

 

※写真:イータリー ニューヨーク・ダウンタウン店(ニューヨーク2号店)

 

A  プラザ・フードホール(Plaza Food Hall)

セントラルパークの南、5番街近くのザ・プラザホテルの地下に、2012年にオープンしたフードホールです。ホテル内ということもあり、高級感あふれるフードホールです。有名なロブスター・ロールの「ルークス・ロブスター(Luke’s Lobster)」や、マンハッタン発祥で人気のグルメサンドイッチショップ「No.7サブ(No. 7 Sub)」など、飲食店と食料品店が20店入居しています。プラザ・フードホールでしか味わえない限定メニューを出している店もあり、ニューヨーカーや観光客に人気のフードホールです。総合座席数70席ほどです。

住所:Fifth Avenue at Central Park South, New York, NY 10019

公式HP(外部サイト):http://www.theplazany.com/dining/the-plaza-food-hall/

 

B  チェルシーマーケット(Chelsea Market)

1997年にオープンし、元ナビスコの工場をリノベーションしてつくられた巨大マーケットです。リニューアルは行っていますが、工場の面影が残り、歴史を感じさせるレンガ造りの建物はとても趣があります。1階には、東西に長い1本の通路が伸び、その両側に食品店や雑貨店、カフェ、レストラン、ベーカリー、ワインショップなど40以上のこだわりのテナントが並んでいます。1974年から続く老舗で、生鮮ロブスターの販売店としてはニューヨーク最大の「ロブスタープレイス(The Lobster Place)」では、ロブスター専門のカウンターや寿司カウンターを併設し、大変人気があります。その他、イタリアで50年以上も続く老舗のパスタブランド「Giovanni RANA」の直営店で生パスタが美味しいレストラン「ラナ(RANA)」、ニューヨーク近郊のオーガニック農場から全ての食材を仕入れ、日替わりのメニューが楽しめる「ザ・グリーンテーブル(The Green Table)」など、有名店・人気店が目白押しで、ニューヨークを訪れるグルメな人たちが思わず立ち寄りたくなるスポットになっています。あまりの盛況で、6名以上のグループについては入場制限が設けられているほどですので、ご注意ください。

住所:75 9th Avenue (Between 15th and 16 Streets), New York, NY 10011

公式HP(外部サイト):http://chelseamarket.com/

 

C  ガンズボートマーケット(Gansevoort Market)

2014年にオープンし、2016年にチェルシーマーケット近くに移転した、フードホールです。小規模ながら、地元グルメから国際色豊かなショップまで多様な20店舗が入居しています。テーブル席は70ほどです。

住所:353 W. 14th St, NYC, NY 10014

公式HP(外部サイト):https://www.gansmarket.com/

 

D  ゴッサムウエストマーケット(Gotham West Market)

ハドソン川から1ブロックのクリントン地区に、2013年にオープンしたフードホールです。モダンアパートの1階に作られ、カジュアルながら雰囲気のあるフードホールです。店舗数は8店舗と少ないものの、個性豊かなカジュアルフードショップが人気を呼んでいます。

住所:600 11th Avenue, New York, NY 10036

公式HP:https://gothamwestmarket.com/

 

E  シティ・キッチン(City Kitchen)

タイムズスクエアにあるロウホテル2階に、2015年にオープンしたフードホールです。カウンターやテーブル席などが150席ほどあります。7店舗のみですが、ニューヨークで人気のある店舗が集まっており、地元客や観光客でにぎわっています。プラザ・フードホールにも出店している「ルークス・ロブスター(Luke’s Lobster)」や一風堂の系列店である「黒帯(Kuro-obi)」が入居しています。

住所:700 8th Avenue at 44th Street, New York, NY 10036

公式HP:https://citykitchen.rownyc.com/

 

F  アーバンスペース ヴァンダビルト(Urbanspace Vanderbilt)

イベント会社であるアーバンスペース社が手掛けるフードホールで、2015年にオープンしました。グランドセントラル駅に近い立地で、平日は近隣のオフィスで働く人々に大人気のフードホールです。ニューヨークで話題の約20店舗が入居しています。

住所:East 45th & Vanderbilt Ave, New York, NY 10169

公式HP:http://urbanspacenyc.com/urbanspace-vanderbilt/

 

G  グレートノーザンフードホール(Great Northern Food Hall)

グランドセントラル駅構内に2016年にオープンしたフードホールです。デンマークのセレブシェフ、クラウスメイヤーがトータルプロデュースし、北欧がテーマとなっています。カジュアルでありながら高級感の漂うフードホールで、スイーツやオープンサンドなどの軽食が中心メニューです。歴史ある駅内を堪能しながら、食事を楽しむことができます。駅構内には、他にもダイニングコンコースというカジュアルなフードコートもあります。

住所:89 E 42nd St, New York, NY 10017 (グランドセントラル駅構内)

公式HP:http://greatnorthernfood.com/

 

H  ザ・ペンシー(The Pennsy Food Hall)

ペンシルベニア駅に隣接しているフードホールです。2016年オープンし、ヘルシー志向、ベジタリアン向けの店舗を含む、選りすぐりの5店舗が集まっています。一時閉店していたビーガン(絶対菜食主義)メニューで人気のシナモンスネイルなどが入店しています。

住所:2 Pennsylvania Plaza, New York, NY 10121

公式HP:http://www.thepennsy.nyc/

 

上記以外にも、以前のメールマガジンでご紹介したル・ディストリクトなども話題のフードホールです。ご紹介したフードホールは、それぞれコンセプトがあり、雰囲気やテナントも異なります。ニューヨークを訪れた際は、ぜひ様々なフードホールでの食事を楽しんでください。

 

 

(2017.10.31配信)

 

<お知らせ>

冬からのアメリカ流通視察の募集を開始しました!

定番の「ニューヨーク」「ロサンゼルス」コースに加え、小売業の最新の取組が視察できる「ダラス」コースもご用意しました!

WEB版パンフレット請求はこちらをクリック! ↓↓

2018bnr.gif

 

関連情報
▲このページのトップに戻る