パブリックス(Publix)〜顧客・従業員ともに満足度の高いスーパー


パブリクス Publix

publix.jpg 

フロリダ、ジョージア、サウス・カロライナ、アラバマ、テネシーの5州に1,273店舗(2013年12月現在)を展開するSM。毎年発表されるACSI(米国顧客満足度指数)のSM部門で14年連続1位、フォーチュン誌が発表している「働き甲斐のある会社100社」では常にランクインするなど顧客満足度、従業員満足度ともに高い企業です。それと同時に、創業者ジョージ・W・ジェンキンスの理念である「買い物が楽しい場所」、つまりお客様を喜ばせ、食料品の買い物を楽しみに変えること、そのためには店をきれいにし、品揃えをよくし、接客をよりよくしよう、という理念が今もなお継承されている企業です。

 

 

1930年創業で1940年に同社初のSMをオープン、全米のSMでも初めてといわれる空調設備や自動ドア、冷凍ケース、蛍光灯による店内照明を導入しました。また青果売り場や精肉売り場のセルフサービスによる販売、ドーナツ店や生花店の入店など、設備面だけではなく販売方法も最先端と言われました。「従業員持株制度」や企業のモットーなどを経営陣だけでなく従業員も加わって決めるなど、従業員のモチベーションを高める仕組みが当企業の繁栄を支えています。地域に密着した新業態の開発や、5年に1度の各店評価をもとに改装・移転・増床・閉店の決定など、常に挑戦を続けています。2013年の年商は289億ドル、株式非公開企業SMでは最大手です。

 

 

 パブリクスの特徴とは

 パブリクス保証

購入した商品に満足がいかなかった場合、返金または商品を交換する100%保証を1930年代からすでに実施しています。

 

社内登用

社内から管理職を登用。これは幹部を社外からスカウトするアメリカ企業には珍しく、これにより社員が目指している地位を外部から入ってきた人に奪われることがなく、昇進の機会を全ての従業員に保証し、モチベーションを高めています。

 

賞与

(1)  クリスマス賞与:所定の条件を満たした全従業員に支給。在職年数によって額は異なりますが、最大で基本給の4週間分に相当します。

(2)  リテール・ボーナス:四半期に一度、各店・各部門の利益と損益に基づき、年間1,000時間以上働く従業員に対して支給しています。

 

料理の作れない人々に楽しさを提供する独自プログラム「エプロン」

短時間で簡単にできる料理の開発、ネットやテレビでのレシピ提供、店内での調理実演・試食、レシピカードや独自の調理本の制作、料理教室の開催など、家庭で調理をし、食べてもらうことを目的としています。

グリーンワイズ

成長ホルモン、抗生物質、殺虫剤などを使用せずに育てた原材料を用い、人工着色料・香料などの添加物を使用せずに製造されている自社製品。2003年より製造を開始、ほとんどの店舗に「グリーンワイズ・マーケット」コーナーがあり、他社製品も含め約5,000品目の商品が揃っています。

新業態の開発

 

(1)「サボール」…ヒスパニック系の食品を中心に品揃えしたSMで7店舗(2012年10月現在)を展開。ヒスパニック系の食品に特化せず、通常のアメリカのSMの品揃えと中南米系の食品とをミックスしたことで、幅広い客層から支持されています。従業員は英語とスペイン語を話し、店内の案内板は英語が主体、スペイン語も要所に追加されています。

(2)「ピックス」…ガソリンスタンド併設コンビニエンスストア。最小規模は約15u、最大規模は約370uで11店舗(2012年10月現在)を展開。典型的なコンビニエンスストアの品揃えに、わずかな生鮮商品を加えた品揃えです。
※2013年10月、Circle Kの親会社などに売却することを発表

 

 

 

上記企業の視察に関するお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 043-350-3611

コーポレイト営業部 

取扱営業時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


メールでのお問合わせはこちら
上記企業の視察をオーダーメイドで2名様から承ります
「米国オリジナル流通事情視察研修」

▲このページのトップに戻る