トレンドピックアップ

アルバートソンズもオンライン絶好調(4/27)


アルバートソンズ(The Albertsons Cos.)は、第4四半期(2月末終了)のオンラインによる

売上が、前年同期比で282%増であったと発表しました。

四半期ベースのオンライン売り上げが200%を超えるのは4期連続となり、2020年度通年で

前年比258%のアップとなりました。オンライン売り上げの急激な増加により、2020年度全体の

売上も前年比で11.8%アップとなっております。

同社のオンライン売り上げの中でも、店舗駐車場で商品を受け取る「Drive Up & Go」は

第4四半期に前年同期比で1,000%を超える伸びを示しており、2020年度通期でも865%増

いう驚異的な結果となっています。アルバートソンズは、全米34州とワシントンDCにて

アルバートソンズ、セーフウェイ、ヴォンズ、ジュエル・オスコ、トム・サム等21のバナーで

2,277店舗を展開しており、上記「Drive Up & Go」サービスは、現在1,420店舗で利用可能と

なっており、2021年度中に全体の98%の店舗で利用できるようにするということです。

セーフウェイ店舗でロボットによる自動配送の実験を重ねるなど、デジタルへの投資を強めて

おり、今年3月にはグーグルとの提携を発表し、新たなショッピング体験の創造によるアマゾン

をはじめとするデジタル・ネイティブ企業への対策も強化しています。なお、同社のプライベー

トブランドである「Own Brands」は大人気となっており、2020年度に新たに800を超える

新商品を投入しました。 同社売り上げにおけるプライベートブランド占有率は2020年度終了

時点で約25%ですが、今後数年で30%を目指しているということです。クローガーに次ぐ

スーパーマーケット業態第2位のアルバートソンズですが、今後も注目の企業です。

 

▲このページのトップに戻る