発表!2016年全米小売業売上高ランキング

≪全米小売業売上高ランキング 2016年発表≫

2016年

順位

昨年

順位

全米小売業売上高ンキング

売上高(全米)

1

1

ウォルマート・ストアーズ

$353,108,000

2

2

クローガー

$103,878,000

3

3

コストコ

$83,545,000

4

4

ホームデポ

$79,297,000

5

5

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス

$76,604,000

6

6

ターゲット

$73,226,000

7

7

CVS ヘルス

$72,151,000

8

9

アマゾン・ドット・コム

$61,619,000

9

22

アルバートソンズ

$58,443,000

10

8

ロウズ

$57,486,000

11

12

マクドナルド

$35,837,000

12

11

ベストバイ

$35,148,000

13

14

アップルストアーズ/アイチューンズ

$34,949,000

14

13

パブリクス

$32,633,000

15

15

メイシーズ

$27,002,000

16

16

ライトエイド

$26,866,000

17

17

アホールドUSA/ロイヤルアホールド

$26,350,000

18

19

TJX

$23,557,000

19

36

アルディ

$22,781,000

20

18

シアーズ

$22,129,000

21

20

H-E-B

$20,523,000

22

24

ダラー・ゼネラル

$20,369,000

23

50

ダラー・ツリー

$19,930,000

24

21

YUM! ブランズ

$19,363,000

25

23

コールズ

$19,204,000

26

25

デレーズ・アメリカ

$17,461,000

27

41

ベライゾン・ワイヤレス

$16,924,000

28

26

メイヤー

$15,963,000

29

27

ウェイクファーン/ショップライト

$15,400,000

30

28

エース・ハードウェア

$15,343,000

上位7位までは昨年と同様の順位となりました。8位にはアマゾン、9位にはセーフウェイを買収したアルバートソンズが入っており、ロウズは昨年の8位から10位へと順位を落としています。

各小売業ともオムにチャネルに力を入れていると同時に、マーチャンダイズ全体を見直す動きも多くみられます。1位のウォルマートはオンラインで注文し、店頭で受け取るピック・アップ・サービスを30店舗以上で展開しており、昨年は2倍以上に利用が広がりました。また、2位のクローガーも同様にオンラインで注文し、店頭で受け取る「クリック・リスト」のサービスや、デンバーでは家までのデリバリーサービスも実施しています。一方でアパレル業界は苦戦しており、Gap(37位)のようにアマゾンでの販売を開始したり、新しい販売チャネルを模索する動きが活発になってきています。

 

≪全米食品小売業人気ランキング 2016年発表≫

順位

全米食品小売業

人気総合ランキング

全米小売業売上

ランキング順位

1

ウェグマンズ

53位

2

パブリクス

14位

3

トレーダー・ジョー

-

4

ハイビ―

50位

5

アルディ

19位

6

コストコ

3位

7

H-E-B

21位

8

クローガー

2位

9

ウィンコフーズ

69位

10

ショップライト

29位

11

メイヤー

28位

12

ジャイアント

-

13

セーフウェイ(アルバートソンズ)

-

14

ショップ&ショップ

-

15

ウォルマート

1位

 

 

全米の1万人以上を対象に、「お店に買いたいものがあるか」や、「レジのスピード」などの複数の項目を評価してもらい、各項目ごとランキング、総合ランキングを出しています。売上高ランキングでは順位が低かったり、ランキング外になっている企業も人気ランキングでは上位に挙がっています。総合ランキングでは、昨年まで首位だったトレーダー・ジョーが3位になり、ウェグマンズは昨年の2倍の票を獲得し、1位になっています。

またMFIによると、この調査では各項目の調査から、「オーガニック志向」と「アプリの利用拡大」が顕著になってきていると分析されています。オーガニックかそうでないかの商品が選択できる場合には、49%以上の消費者がオーガニックを選択すると答えています。また、過去90日間で小売業のアプリを利用した人は約半数にも上り、クーポンを取ったり、価格の比較をしたりに利用しているとのことです。

 

 

関連情報
▲このページのトップに戻る