ミャンマー・インドネシア最新流通視察会

募集要項 スケジュール ご予約〜ご出発の流れ お問合わせ・お申込み

 パンフレットのダウンロード(1.15MB)/お申込書のダウンロード(223.9KB)

 

 

企画趣旨

 飛躍的な経済発展が見込まれるアセアン地域、なかでもミャンマー、インドネシアはその先端を行く。
 著しい経済成長を支える人口6200万人のミャンマー。ヤンゴン市内の最先端店舗シティマート『マーケットプレース店』は人気のスシコーナーをはじめ冷凍食品、輸入品など豊富な商品が店内に溢れ、斬新な店舗デザインに目を見張った。
 日本で過熱気味に報道されるミャンマーの経済成長は過去6年間平均して7%、徴税率の低いミャンマーの実質GDP成長率はベトナム、カンボジアと肩を並べる。大事なことはアセアンの中でも若年人口が多く、強みは労働力の数と安さである。
 一方、インドネシアは国民一人あたりのGDPが1000ドル台のインドやベトナムと違い既にコンビニやスーパーの普及が加速する3500ドルを超えた。欧州経済の低迷で景気減速感が漂い始めた中、アセアン新興国市場の中で依然として成長が加速するインドネシア流通市場。
 当該アセアン地域では物流問題をはじめ課題が山積しているが一つ一つの課題をクリアーすれば、更なる発展の可能性は大きい。日本小売業協会では発足して2年目のミャンマー小売業協会(ヤンゴン)、既に30年以上の歴史を持つインドネシア小売業協会(ジャカルタ)の協力を得て、ヤンゴン、ジャカルタの小売企業や流通施設を訪問する視察会を企画しました。
企  画:日本小売業協会
旅行主催:イオンコンパス株式会社
後援団体:日本商工会議所、東京商工会議所
協力団体:ミャンマー小売業協会、インドネシア小売業協会

 

 

主な訪問先(予定)

ミャンマー/ヤンゴン
●ミャンマー小売業協会
2013年5月設立、会長はシティ・マート社長 Win Win TinT 氏。ミャンマー商工会議所加盟小売業を中心に約100社が加盟
●シティマート
ミャンマー最大の小売業グループ、中核企業のスーパーシティマートを中心に、ハイパーマーケットのオーシャン、タイ・ザハグループのコンビニフランチャイズチェーン「108 shop」などをヤンゴン中心に約30店舗展開。課題の物流面でも専用の冷蔵倉庫や冷凍トラックを用意するなど他社と一線を画している。
●ヤンゴンマーケットプレイス店
シティマートのスーパーマーケットの最新店舗。店内には輸入品を含め豊富な品揃えに加え各種サービス、スシカウンターまである。
●ガモンプィン、セイン・ゲー・ハー
ミャンマーの主要百貨店。高級品からお土産品まで幅広く品揃え
●ジェトロ ヤンゴンオフィス
毎月500 〜 800人が訪問するという今世界に展開するジェトロオフィスの中で最も忙しいといわれる。
●日系商社/日系物流企業
ミャンマーの食品、センイなどに関する最新動向をレクチャーしていただく。
●ティアラ経済特区
日本企業進出支援

 

インドネシア/ジャカルタ
●インドネシア小売業協会訪問、交流会開催
百貨店、スーパー、ディスカウントストア、コンビニ及びショッピングセンターなど国内の小売業の全業態が加盟する小売業の総合的な団体で流通面での法整備や規制などについて政府との太いパイプを持つ。
●インドネシアそごう
インドネシア系華人経営のローカルデパート。ジャカルタ市内に3店舗持ち、スナヤン地区商業施設の核となっている。
●アルファマート〈コンビニエンス〉
インドマレットに次いでインドネシア第2位のチェーン店舗数7000店を持つ有力コンビニエンスストア。副社長はインドネシア小売業協会会長を務める。
●ロッテマート(ハイパーマーケット)
韓国ロッテグループのハイパーマーケットチェーン。インドネシア国内に2008年進出し、現在8店舗展開。韓国以外では中国、ベトナム、ロシアなどに進出、チャレンジ精神旺盛な企業風土を持つ。
●スナヤンショッピングセンター
ジャカルタ南部の高級住宅街に隣接した最も人気のSC。開発は日系ゼネコンとローカルの合弁企業。インドネシアの有力小売業そごう、メトロ、ヘロウなどが入居するSCで、その他2つのSCが道路を隔てて集中している。
●ジャカルタ近郊タウンシップと大規模工業団地見
ジャカルタから車で1時間のチカラン、カラワンに数千ヘクタールに及ぶ工業団地と共生する大規模タウンシップが誕生。経済成長に伴い日系商社との合弁による3か所の工業団地開発は既に一杯の状態で、新たな開発がスタートしている。

 

 

 

募集要項

【旅行期間】2015年3月8日(日)〜3月14日(土)  5泊7日

【旅行代金】(大人お一人様/ツイン2名1室利用)

日本小売業協会会員 後援団体会員 一般
358,000円 368,000円 378,000円

※燃料サーチャージ(目安 32,210円)が別途必要となります。
また、海外空港諸税(概算 7,800円)、成田空港施設使用料(2,610円)が別途必要になります(いずれも2014年11月1日現在です)。

 

【募集人員】30名(最少催行人員10名)

【一人部屋追記料金】64,000円

【申込締切】2015年1月26日(月) ※受付終了(受付終了後は下記担当者までお問合わせ下さい)

【利用予定ホテル】
〈ヤンゴン〉 セドナホテルヤンゴン または同等クラス
〈ジャカルタ〉 インターコンチネンタルジャカルタホテル または同等クラス

【利用予定航空会社】全日本空輸(NH)、ガルーダインドネシア航空(GA)、バンコク・エア・ウェイズ(PG)、シンガポール航空(SQ)

【添乗員】同行いたします。

 

 

オプショナルツアー(クアラルンプール1泊)

■期間:2015年3月13日(金)〜3月15日(日)
■利用ホテル:インターコンチネンタルクアラルンプールホテル または同等クラス
■追加料金:68,000円(税込、会員・後援団体会員・一般とも)
■最少催行人員:5名
■一人部屋追加料金:11,000円

 

 

<旅行代金に含まれるもの>

(1)航空運賃:日程表に記載された区間のエコノミークラス団体航空運賃
      利用予定航空会社 全日空及びガルーダインドネシア航空、
      バンコク・エア・ウェイズ、シンガポール航空
(2)宿泊料金:デラックスホテルツインルーム2名一室利用、バス・トイレ付
      同等クラスのホテルに変更になる場合がございます。
(3)食事代金:朝食5回、昼食0回、夕食2回(機内食は含みません)
(4)利用交通機関料金:団体行動中の交通費
(5)視察関係諸費用:コーディネーター料、視察訪問に関わる費用、研修資料費など関係諸費
(6)手荷物運搬料金:航空会社規定範囲
(7)海外にての雑費:団体行動中のチップ・ポーター料
(8)国内にての雑費:結団式会場費
 ※上記費用はお客様の都合により一部利用されなくても払い戻し致しません。
(9)特別航空保険料

 

 

<旅行代金に含まれないもの>

(1)旅券印紙代、証紙代(5年/11,000円 10年/16,000円)
(2)個人的性格の費用:飲み物代、クリーニング代、電話代など
(3)超過手荷物料金
(4)お一人部屋追加料金(64,000円)
(5)ミャンマーおよびインドネシア査証代行取得料(13,500円)
 ※インドネシアは現地で支払います。
(6)成田空港施設使用料(2,610円)および海外航空諸税(7,800円)
(7)集合場所までの国内交通費、国内宿泊費用
(8)燃油特別付加税(約32,210円 2014年11月1日現在)
(9)任意の海外旅行傷害保険料
(10)自由行動中の諸経費、日本国内における交通費、宿泊費 他
(11)渡航手続費用(5,400円)

 

 

スケジュール
  日程 都市 交通 時間 行程 食事
1 3/8(日)  成田空港発
ヤンゴン着


 
NH913



11:45
午後


全日空にてヤンゴンへ
到着後、乗換
市内レストランにて夕食
ホテル着
【ヤンゴン泊】 
朝:−
昼:×
夜:○

2 3/9(月)  ヤンゴン滞在




 
専用車




 
終日




 
ヤンゴン市内流通事情視察
最新ショッピングセンター
 ジャンクションスクエア視察
Jetroヤンゴンオフィス訪問
日系物流企業訪問、ティアラ経済地区
【ヤンゴン泊】 
朝:○
昼:×
夜:×


3 3/10(火)  ヤンゴン滞在




 
専用車




 
終日




 
ヤンゴン市内流通事情視察
ミャンマー商工会議所訪問
ミャンマー小売業協会訪問
シティーマートスーパーマーケット訪問
ガモンプィン百貨店訪問
【ヤンゴン泊】 
朝:○
昼:×
夜:×


 
4 3/11(水) 
ヤンゴン発



ジャカルタ着

 
専用車
航空機




専用車
 

午前


午後


 
専用車にて空港へ
バンコクエアウェイズにて
 バンコク経由ジャカルタへ
着後、乗換
ガルーダインドネシア航空にてジャカルタへ
入国手続き
専用車にてホテルへ
【ジャカルタ泊】 
朝:○
昼:×
夜:×




 
5 3/12(木)  ジャカルタ滞在





 
専用車





 
終日





 
ジャカルタ市内流通事情視察
ジャカルタ近郊タウンショップ見学
インドネシア小売業協会と交流会開催
スナヤンショッピングセンター訪問
インドネシアSOGO視察他
市内レストランにて夕食
【ジャカルタ泊】 
朝:○
昼:×
夜:○



 
6 3/13(金)  ジャカルタ滞在







ジャカルタ発
 
専用車







NH856
 
午前







深夜
 
ジャカルタ市内流通事情視察
アルファマート本社訪問
 (コンビニ7000店展開)
ロテサリ訪問
 (人気のベーカリーチェーン)
マタハリデパート訪問
 (インドネシア最大のデパートチェーン)他
空港着
全日空にて帰国の途へ
【機内泊】 
朝:○
昼:×
夜:×






 
7 3/14(土)  羽田空港着

 
  7:00

 

入国手続き後、解散
      お疲れさまでした 
朝:−
昼:−
夜:− 
オプショナルコース       
6 3/13(金)  ジャカルタ滞在






ジャカルタ発

クアラルンプール着
 
専用車






航空機


 
午前






夕刻


 
ジャカルタ市内流通事情視察
アルファマート本社訪問
 (コンビニ7000店展開)
ロテサリ訪問
 (人気のベーカリーチェーン)
マタハリデパート訪問
 (インドネシア最大のデパートチェーン)他
ガルーダインドネシア航空にて
 クアラルンプールへ
到着後、ホテルへ
【クアラルンプール泊】
朝:○
昼:×
夜:×







 
7 3/14(土) 

クアラルンプール発
シンガポール発

 


航空機
NH844

 



深夜

 
クアラルンプール市内事情視察
シンガポール航空にて
 シンガポール経由で帰国の途へ
到着後、乗換
 全日空にて帰国の途へ
【機内泊】 
朝:○
昼:×
夜:×


 
8 3/15(日)  羽田空港着

 


6:15

 

入国手続き後、解散
      お疲れさまでした 
朝:−
昼:−
夜:− 

*交通機関などの事情により視察店舗・スケジュールが変更になる場合があります。
●時間の目安:【早朝】04:00-06:00 /【朝】06:00-08:00 /【午前】08:00-12:00 /【午後】12:00-18:00 /【夜】18:00-23:00 /【深夜】23:00-04:00

 

お申込〜ご出発までの流れ
STEP1

【ご予約方法】

※お申込みは、お申込みフォームに必要事項をご入力後、ご送信ください。または、申込書をご記入の上、下記までファックスにてお送りください。
※お申込は先着順に承ります。(受付=予約確定ではありません)満席の場合はご了承ください。
※お申込みフォーム送信後、お申込みの確認メールが自動的に送信されます。1時間以上たっても確認メールが届かない場合は、お申込みが完了していないか、メールアドレスが間違っている場合があります。下記までお問い合わせください。

 

■お申込の前に
お申込みフォームをご送信いただく前に、本ページおよび「 ご旅行条件書 」をプリントアウトまたはダウンロードをしていただくことになっております。

 プリントアウト又はダウンロードしていただきましたか?

 

yes02.gifno02.gif

 

STEP2

【お支払い方法】

<イオンカードにてお支払いの場合>
●お申し込み金は不要です。お申し込み金を振り込む手間も、振り込み手数料も必要ありません。
●旅行代金はご旅行が済んでから、旅行代金は旅行出発日をカード利用日として、10日締の翌月2日、カードより自動振替の方法でお支払いいただきます。
※カード利用限度額の都合上、現金でのお振り込みをいただく場合があります。また、イオンマークのカード以外はお使いになれません。

 

<現金にてお支払いの場合>
●お申し込み金
参加申込金50,000円(旅行代金の一部に充当)を下記の口座にお振込み下さい。
 銀行名:みずほ銀行 神田支店
 口座番号:普通口座1216718
 口座名:イオンコンパス(株)
●旅行代金のお支払い
旅行代金の残金は、後日お振込みのご案内をお送り致します。 

 

STEP3

【お申し込み案内書】

ご予約の内容はお申し込み書をご郵送いただいた後に、ご旅行のご案内をお送りいたします。ご予約の内容をご確認ください。また、パスポート申請手続き等の旅行に必要な手続きにつきましても、ご案内申し上げます。

 

STEP4

【最終ご案内書(旅のしおり)】

最終ご案内書(旅のしおり)をご出発7日前頃にお送りします。決定されたご出発便、ご利用ホテルは旅のしおりに記載されております。

 

STEP5

【ご出発】

旅のしおりでご案内いたします時間にご集合ください。係員がご出発のお手伝いをいたします。

 

 

旅行条件書(要旨)

お申込みの際は別途交付する旅行条件書(全文)をお受け取りになり、ご確認の上お申込みください。当社ホームページ(http://www.aeoncompass.co.jp/)でもご確認頂けます。

 

【募集型企画旅行契約】
この旅行はイオンコンパス株式会社[観光庁長官登録旅行業第239号](以下「当社」といいます。)が企画・募集し、実施する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は当社と「募集型企画旅行契約」(以下「旅行契約」といいます。)を締結とすることになります。

【お支払と旅行契約の成立】
〈申込金〉50,000円を申込書の提出時にお支払ください。(お振込先:イオンコンパス みずほ銀行 神田支店 普通預金 1216718)
〈旅行契約の成立〉当社の承諾と申込金の受理をもって契約の成立となります。
〈旅行代金残金〉旅行代金から申込金を差し引いた残金を旅行開始日の前日から起算してさかのぼって21日目にあたる日までにお支払ください。

【旅券査証について】
(日本国籍以外の方は、自国の領事館、渡航先国の領事館に直接お問い合わせください)
〈旅券(パスポート)〉入国時6ヶ月以上有効な旅券が必要です。
〈査証(ビザ)〉今回のご旅行では必要です。詳しくはお申込後にご案内いたします。

【お申込み条件】
大人1名様以上でお申込みください。20歳未満の方はお問い合せください。宿泊の際、ご同行の方以外との相部屋はお受けしておりません。障害をお持ちの方、現在健康を損なっていらっしゃる方、妊娠中の方はその旨をお申し出ください。団体行動に支障をきたすと当社が判断する場合は、お申込みをお断りさせていただくか、同伴者の同行を条件とさせていただく場合があります。

【取り消しについて】
お客様のご都合で、旅行契約を解除する場合は、下記の取消料をお支払いいただきます。お取消の連絡は営業時間内でお申込み箇所のみにて受付いたしております。尚、取消料の対象となる代金とは、「旅行代金(基本旅行代金)」及び「追加代金」と表示した各種追加プラン代金から「割引代金」として表示した金額を引いた金額です。

旅行契約の解除期日 取消料(お一人様)
[1]旅行開始日がピーク時のとき、
旅行開始日の前日から起算して40日目に当たる日から30日目に当たる日まで
※ピーク期:4/27〜5/6、7/20〜8/31、12/20〜1/7
旅行代金の10%
[2]旅行開始日の前日から起算して30日目に当たる日以降
([3][4]に掲げる場合を除く)
旅行代金の20%
[3]旅行開始日の前々日以降
([4]に掲げる場合を除く)
旅行代金の50%
[4]旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%

【旅行契約内容・代金の変更】
視察先店舗・順序に関しては、視察企画者様の指示または現地事情により変更する場合があります。又、天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等のサービス提供の中止、官公署の命令等当社の関与しえない事由が生じた場合、契約内容を変更する場合があります。その変更に伴い、旅行代金を変更す
ることもあります。

【特別補償】
当社はお客様が当旅行参加中に、急激かつ偶然な外来の事故により、生命、身体または手荷物に被った一定の損害について、あらかじめ定める額の補償金及び見舞金を支払います。

【確定日程表】
確定した主な航空機の便名及び宿泊ホテル名が記載された確定日程表は、旅行開始前日までに交付します。ただし、旅行開始日の7日前以降にお申込みがあった場合は旅行開始日当日に交付することがあります。

【当社の責任とお客様の責任】
当社は、当社又は当社の手配代行者が故意又は過失によりお客様に損害を与えたときはその損害を賠償いたします。(手荷物の賠償はお一人15万円を限度とします。)又当社は、お客様の故意又は過失により当社が損害をこうむったときはお客様から損害の賠償を申し受けます。

【旅行条件要旨基準日】
この旅行条件要旨の基準日は2014年11月1日です。旅行代金・空港諸税は2014年11月10日現在有効なものとして公示されている航空運賃・適用規則を基準として算出しています。

【海外旅行保険への加入について】
より安心してご旅行いただくためにも、ご旅行中の病気や事故・盗難に備えて、海外旅行傷害保険に必ずご加入なさることをおすすめいたします。

 

 

お問合わせ
旅行企画・実施 

観光庁長官登録旅行業第239号 (社)日本旅行業協会正会員
イオンコンパス株式会社 コーポレイト営業部 担当:坂口・牛島
〒261-7119 千葉市美浜区中瀬2-6-1WBGマリブイースト19F
TEL:043-350-3611 FAX:043-350-3171 営業時間 月〜金9:00〜18:00(土・日・祝休業)
※お電話でお問合わせの際は、「コーポレイト営業部」宛てにご連絡ください。

総合旅行業務取扱管理者:横山 俊慈

総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。このご旅行の契約等に関し、担当者からの説明にご不明な点がございましたら、 ご遠慮なく旅行業務取扱管理者にご質問ください。

 

企画内容に関するお問合わせ

日本小売業協会 担当:近江
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル3F
TEL:03-3283-7920 FAX:03-3215-7698

 

▲このページのトップに戻る