インド最新流通視察ツアー

募集要項 スケジュール ご予約〜ご出発の流れ お問合わせ・お申込み

 パンフレットのダウンロード(1.3MB)/お申込書のダウンロード(501.6KB)

 

 

 21世紀最大の流通マーケットといわれるインド。
世界経済の減速下、インフラ基盤の未整備なインド経済も成長鈍化を強いられていますが、毎年オランダに匹敵する1,600万人前後の人口が中間所得層へ流入しているといわれています。TVはもちろん、洗濯機、冷蔵庫など憧れの家電製品を自宅に揃える所得層も激増しており、潜在力の強大さを予感させます。
 翻ってインド国内には既に400を超えるショッピングセンターが展開され、デパート、専門店が続々オープンし、ZARAなど海外の有力ブランドに顧客が殺到しています。増大し始めた中間層の消費意欲は旺盛で、既に卸(キャッシュ&キャリー)業態で参入を果たしたウォルマートやカルフール、メトロなどへ彼らの足は向かいます。
 一方、高いインフレ率と成長の歪みの中で、失業率は10%を超え、雇用を求める声は国内に高まっています。インド政府は2012年末、小売流通への外資規制の解除に向けて大きく舵を切りましたが、まだまだハードルが高く、経済成長の鈍化もあり流通外資の参入に目立った進展はありません。11億の巨大潜在消費マーケットの出現は近いといえます。


日本小売業協会では、インド商工会議所連合会、インド小売業協会のご協力を得て、2008年以来8回目の視察会を開催いたします。小売市場の視察に加えてインド小売・流通業関係者の方々との懇親交流の場を予定しています。

 

視察企画:日本小売業協会
後援団体:日本商工会議所、東京商工会議所

 

 

1.視察の狙い

BRIC'sの話題が世界から遠ざかって久しい。ネクストチャイナの一番手といわれるインドの人口ははや12億人を超えました。伸長率1.33%、2035年に15億人を超え、中国をキャッチアップすると予測されています。

モディ新大統領を迎へ外国投資の減少とインフレ高進の中、インドの携帯電話加入台数が7億台を超えました。親日的とみられるインドのイメージからは遠い、殆んど知られていない流通事情、そしてこの巨大マーケットを伺うグローバルリテイラー。

2014年5月モディ政権の出現により流通外資の解放に向けてかじを切った流通外資規制の緩和は微妙となっている中、インド流通業界の最新動向をムンバイ、バンガロール、ニューデリーのインド百貨店チェーンをはじめ有力スーパーマーケット、ハイパーマーケットや話題のショッピングセンターを訪問しレクチャーを受けるとともに日印流通事情について意見交換を行います。

 

2.視察のポイント

1.首都デリー市、インド最大の商都ムンバイ市、バンガロール市に於いて、有力小売業を訪問し、その取り組みについてレクチャーを受けるとともに、質疑応答により意見交換を図ります。又、発展著しいインド主要都市の中で、最もインドらしいと言われるコルカタを訪問。
2.デリーにてインド商工会議所連合会を訪問、ムンバイ市にてインド小売業協会を訪問し、レクチャーを受けます。
3.インド小売業(百貨店、スーパー、その他)を訪問し視察及び関係者との交流を図ります。
4.デリー、ムンバイ、バンガロールに進出している日系企業(商社、通信、物流など)からレクチャーを受けます。

 

3.視察訪問先(予定)概要

[1]ムンバイ市
1)インド小売業協会訪問、インドの小売業に関するレクチャー予定
・インドの大手小売業を中心に有力小売業団体。最大手の百貨店バンタルーンやショッパーズストップなど数多くの小売業が加盟しています。

2)有力小売企業訪問
・ショッパーズストップ「shoppar's Stop」
バンタルーンと並ぶインドの二大百貨店チェーンの一つで、国内主要都市を中心に26店舗展開しており、客層は富裕層を中心に幅広い、特に富裕層に大人気の高級化粧品ブランドとして名高い資生堂もテナントとして入居しています。
・ハイパーシティ「Hyper City」
ハイパーマーケット、スーパーマーケットを全国展開している急成長企業。

3)有力ショッピングセンター訪問
・ハイストリートフェニックスモール
インド小売業第一のハイパーマーケット「ビッグバザール」食品スーパー「フードバザール」を核にバンタルーン百貨店や、マークス&スペンサー等有力海外ブランドを集積するムンバイ屈指のSC。
・インオービットモール
ムンバイ郊外のゴミ捨て場が市の再開発で一大ショッピングゾーンに生まれ変わったベストケース。周囲に高層アパート、マンションが林立し、顧客ターゲットはミドルからミドルアッパーで客層は若い。

 

[2]デリー市
1)インド商工会議所連合会訪問、懇親と意見交換、インドの流通事情に関するレクチャー
2)有力小売業訪問
・パンタルーンリテイル
1990年コルカタにてアパレル店舗を開設し、現在インド第一の総合小売業の位置を不動にしている。ハイパーマーケットの「ビッグバザール」百貨店チェーンの「パンタルーン」はともに各業態のトップ企業となっている。
・トレント(タタグループ)
インド有力財閥の流通部門。アパレル中心の百貨店ウエストサイドやスターインディアンバザールなどを傘下に持つ。
3)有力ショッピングセンター訪問
・セレクトシティウォークモール
デリー南部に位置し、周辺には高層のマンションが次々と建ち、その客層をターゲットにインド初進出の海外ブランドなども多く取りそろえ、モール全体で高級感を演出している。建物は2諧で4棟の隣接した建物が一体となり、エンターテイメントやジムなども取り入れた最新の総合的な施設となっている。
・エンポリオモール
ヴィトン、エルメス、グッチなどのブランドを展開するインド唯一の最高級ショッピングモールとして富裕層に人気を集めている。
4)日系インド進出企業訪問
・日系IT企業富士通インド訪問
5)日系自動車会社マルチスズキ訪問

 

[3]バンガロール市
1)有力ショッピングセンター「The Forum」「Mantri Square Mall」見学
2)インドを代表するIT企業等訪問
3)日系物流企業 & 食品企業訪問

 
[4]コルカタ市
1)パンタルーン、ビックバザールなどの主要小売店舗の見学
2)マザーテレサの病院他市内観光
[5]ジャイプル、アグラ市、インド有数の世界遺産の数を見学

 

 

 

募集要項

【旅行期間】2015年2月15日(日)〜2月25日(水)  11日間

【旅行代金】(大人お一人様/ツイン2名1室利用)

日本小売業協会会員 後援団体会員 一般
338,000円 398,000円 418,000円

※燃料サーチャージ(目安 52,000円)が別途必要となります。
また、海外空港諸税(概算 10,100円)、国内空港施設使用料(2,090円)及び旅客保安サービス料(520円)が別途必要になります(いずれも8月1日現在の額です)。

 

【募集人員】20名(最少催行人員12名)

【一人部屋追記料金】99,000円(※8泊分)

【申込締切】2014年12月26日(金) ※受付終了(受付終了後は下記担当者までお問合わせ下さい)

【利用予定ホテル】
〈デリー〉グランドホテル
〈コルカタ〉ハイアットリージェンシーホテル
〈バンガロール〉ハイアットリージェンシーホテル
〈ムンバイ〉ハイアットリージェンシーホテル
〈ジャイプール〉ヒルトンホテル
〈アグラ〉JPパレスホテル

【利用予定航空会社】エアインディア(エコノミークラス)

【添乗員】全行程同行いたします。

※旅行代金には旅行日程に明示した航空運賃(エコノミークラス)、バス料金、ガイド料金、宿泊料金(2名1室利用)、視察訪問に関わる費用、本旅行と重複する宿泊料金・食事代の減額分、手荷物運搬料金を含みます。

 

 

<オプショナルツアー>バラナシ地域

■期間:2月24日(火)〜26日(木)
■利用ホテル:ラディソンホテル
■追加料金:会員・後援団体会員・一般とも
      羽田空港までの費用…107,000円
      関西空港までの費用… 95,000円
        ※復路は航空会社の運行の都合上、関空着となります。
        関空から羽田へは、国内線を利用します。
■最少催行人員:3名
■一人部屋追加料金:15,000円

 

 

<旅行代金に含まれるもの>

(1)航空運賃:日程表に記載された区間のエコノミークラス団体航空運賃
(2)宿泊料金:2人1部屋、バス・トイレ付
(3)食事:朝食9回、昼食0回、夕食2回(機内食は含みません)
(4)利用交通機関料金:団体行動中の乗物料金
(5)視察関係諸費用:団体行動中のバス代、視察訪問に関わる費用、研修資料などの関係諸費用
(6)手荷物運搬料金:航空会社規定範囲
(7)海外にての雑費:団体行動中のチップ・ポーター料、国内にての雑費:結団式会場費
※上記費用はお客様の都合により一部利用されなくても払い戻し致しません。 

 

 

<旅行代金に含まれないもの>

(1)お一人部屋利用追加料金(99,000円)※8泊分
(2)旅行印紙代・証紙代(5年/ 11,000円 10年/ 16,000円)
(3)海外旅行取扱代金(渡航手続手数料/消費税含む)
 1)出入国記録書類代行作成費用 5,400円
 2)インドビザ実費 2,135円 基本手数料 10,800円
 3)旅券申請書類の作成を代行する場合 4,725円
(4)個人的性格の費用:飲み物代、クリーニング代、電話代など
(5)超過手荷物料金
(6)任意の海外旅行保険料
(7)自由行動中の諸経費、日本国内における交通費、宿泊費他
(8)成田空港施設使用料(2,090円)
(9)旅客保安サービス料(520円)
(10)インド空港税等(概算 10,100円)
(11)燃油特別付加運賃(目安 52,000円:平成25年10月1日現在)

 

※ご旅行代金に、燃油サーチャージは含まれておりません。別途必要になります。燃油サーチャージ・空港諸税に増減があった場合、その差額を徴収または払戻しを致します。
※旅行代金・燃油サーチャージ・空港諸税等は、2014年8月1日のレートを基準として換算しております。今後、為替レートの変動により金額が変更となる場合があります。詳細は後日お渡しする「手続きのご案内」をご覧ください。

 

 

スケジュール
日次 月日(曜) 地名 現地時間 交通機関 スケジュール 食事
1 2/15(日)  成田空港発
デリー着

 
午前
夕刻

 
航空機
専用バス

 
成田空港集合
ニューデリー着後ホテルへ
●ウエルカムディナー
【デリー泊】 
朝:機内
昼:機内
夕:○
 
2 2/16(月)  デリー終日





 
午前





 
専用バス





 
◇ジェトロニューデリーオフィス
・インドの最新流通事情について
◇インド進出日系IT企業訪問
・インドのIT事情に関するレクチャー
◇日系自動車会社訪問
・インドの車事情レクチャー
【デリー泊】 
朝:○
昼:×
夕:×



 
3 2/17(火)  デリー





デリー発
コルカタ着
 
午前





夕刻

専用バス





航空機
専用バス
 
◇インド商工会議所訪問
・インドの小売事情(外資規制)レクチャー
◇インド小売業態見学
・コンビニ24/7
・最高級SCエンポリオモール
・人気ショッピングモールCITY WALK Mall
 
着後ホテルへ
【コルカタ泊】
朝:○
昼:×
夜:×





 
4 2/18(水)  コルカタ




コルカタ発
バンガロール着
 
午前






 
専用バス




航空機
専用バス
 
◇コルカタ小売業態視察
・パンタルーン他
・有力ショッピングモール
・日系自動車部品メーカー訪問
◇市内観光
視察終了後、空港へ
着後ホテルへ
【バンガロール泊】 
朝:○
昼:×
夜:×




 
5 2/19(木)  バンガロール




 
午前




 
専用バス




 
◇日系食品企業訪問
・インドにおける食品流通について
◇インド日系物流企業訪問
・インドの物流事情
◇日系企業の病院ビジネス
【バンガロール泊】 
朝:○
昼:×
夜:×


 
6 2/20(金)  バンガロール発
ムンバイ着





 

午前





 
航空機
専用バス





 
空路ムンバイへ
◇インド流通企業訪問
・ショッパーズストップ(百貨店)本社
・ハイパーシティ(ディスカウントストア)
・インオービットモール(SC)
◇インド食品流通事情レクチャー(ホテル)
・商社食品担当からレクチャー
【ムンバイ泊】 
朝:○
昼:×
夜:×




 
7 2/21(土)  ムンバイ





 
午前





 
専用バス





 
◇ムンバイ流通視察
・クロフォードマーケット
・インド型小型スーパー
・ハイストリートフェニックスモール
◇ムンバイ世界遺産観光
・ガンジーの家、海中寺院他
【ムンバイ泊】 
朝:○
昼:×
夜:×



 
8 2/22(日)  ムンバイ発
ジャイプール着


 

午前

夕刻
 
航空機
専用バス


 
空路ジャイプールへ
着後、ジャイプール世界遺産見学
近郊及びタージマハール見学
ホテル着
【ジャイプール泊】 
朝:○
昼:×
夜:×

 
9 2/23(月)  ジャイプール発
アグラ着

 
午前
午後

 
専用バス


 
陸路アグラヘ
アグラ城その他周辺世界遺産見学
●さよなら夕食会
【アグラ泊】 
朝:○
昼:×
夜:○
10 2/24(火)  アグラ発
デリー着

デリー発
午前


深夜
専用バス


航空機
陸路デリーへ
◇デリーにて世界遺産観光
・クツブミナール、インド門他

【機内泊】
朝:○
昼:×
夜:機内

11 2/25(水)  成田空港着  朝    到着後、解散  朝:機内 
オプショナルコース       
10 2/24(火)  アグラ発
デリー着
デリー発
ベナレス着

 
午前

午後
午後

 
専用バス

航空機
専用車

 
専用車にてデリーへ

航空機にてベナレスへ
専用車にてホテルへ

【ベナレス泊】 
朝:○
昼:×
夜:×


 
11 2/25(水)  ベナレス滞在


ベナレス発
デリー着

デリー発
 
早朝

午前
午後
午後

深夜
 
専用車


航空機
専用車

航空機
 
専用車にてガンジス川沐浴見学
ホテルに戻り朝食
バナラシ市内観光

デリー市内観光
空港着
エアーインディアにて関西空港へ
【機内泊】 
朝:○
昼:×
夜:×




 
12 2/26(木)  関西空港着
関西空港発
羽田空港着 

午前
昼 
航空機

 
入国手続き後、解散
国内線にて羽田空港へ
到着後、解散 お疲れさまでした。 
朝:−
昼:−
夜:− 

*交通機関などの事情により視察店舗・スケジュールが変更になる場合があります。
●時間の目安:【早朝】04:00-06:00 /【朝】06:00-08:00 /【午前】08:00-12:00 /【午後】12:00-18:00 /【夜】18:00-23:00 /【深夜】23:00-04:00
●見学場所 ◇視察(自由視察)/◆視察(アポイント有)/◎入場観光/●下車観光/○車窓観光
●利用航空会社:AI:エアインディア 

 

旅行代金に含まれるもの

(1)航空運賃(日程表に記載された区間のエコノミークラス団体航空運賃)
(2)宿泊料金(ホテルスーペリアクラスツインルーム2名様1室利用 バス・トイレ付)
(3)食事料金:朝食9回、昼食0回、夕食2回(機内食は含みません)
(4)利用交通機関料金:団体旅行中の乗物料金
(5)視察関係諸費用:現地コーディネーター料、会議室使用料、視察訪問に関わる費用、研修資料費などの関係諸費
(6)手荷物運搬料金:航空会社規定範囲
(7)海外にての雑費:団体行動中のチップ・ポーター料
(8)国内にての雑費:結団式会場費
※上記費用はお客様のご都合により、一部利用されなくても払戻はいたしません。  

 

旅行代金に含まれないもの(一例) 

(1)パスポート申請印紙代・証紙代(5年/11,000円 10年/16,000円)
(2)個人的性格の費用:飲み物代、クリーニング代、電話代など
(3)超過手荷物料金
(4)お一人部屋追加代金(103,000円)
(5)成田空港施設使用料及び各国空港税(約14,890円)
(6)任意の海外旅行保険料
(7)自由行動中の諸費用、日本国内における交通費、宿泊費 他
(8)燃油サーチャージ(56,000円)※2014年4月現在
(9)ビジネスクラス利用追加代金
(10)渡航手続取扱料金(4,320円)

 

旅券・査証について

日本国籍以外の方は、自国の領事館、渡航先国の領事館に直接お問合わせ下さい。

旅券(パスポート) 入国時6ヶ月以上有効な残存期間が必要です
査証(ビザ) 今回のご旅行では必要です。詳しくはお申込み後にご案内いたします。

 

 

 

お申込〜ご出発までの流れ
STEP1

【ご予約方法】

※お申込みは、お申込みフォームに必要事項をご入力後、ご送信ください。または、申込書をご記入の上、下記までファックスにてお送りください。
※お申込は先着順に承ります。(受付=予約確定ではありません)満席の場合はご了承ください。
※お申込みフォーム送信後、お申込みの確認メールが自動的に送信されます。1時間以上たっても確認メールが届かない場合は、お申込みが完了していないか、メールアドレスが間違っている場合があります。下記までお問い合わせください。

 

■お申込の前に
お申込みフォームをご送信いただく前に、本ページおよび「 ご旅行条件書 」をプリントアウトまたはダウンロードをしていただくことになっております。

 プリントアウト又はダウンロードしていただきましたか?

 

yes02.gifno02.gif

 

STEP2

【お支払い方法】

<イオンカードにてお支払いの場合>
●お申し込み金は不要です。お申し込み金を振り込む手間も、振り込み手数料も必要ありません。
●旅行代金はご旅行が済んでから、旅行代金は旅行出発日をカード利用日として、10日締の翌月2日、カードより自動振替の方法でお支払いいただきます。
※カード利用限度額の都合上、現金でのお振り込みをいただく場合があります。また、イオンマークのカード以外はお使いになれません。

 

<現金にてお支払いの場合>
●お申し込み金
参加申込金50,000円(旅行代金の一部に充当)を下記の口座にお振込み下さい。
 銀行名:みずほ銀行 神田支店
 口座番号:普通口座1216718
 口座名:イオンコンパス(株)
●旅行代金のお支払い
旅行代金の残金は、後日お振込みのご案内をお送り致します。 

 

STEP3

【お申し込み案内書】

ご予約の内容はお申し込み書をご郵送いただいた後に、ご旅行のご案内をお送りいたします。ご予約の内容をご確認ください。また、パスポート申請手続き等の旅行に必要な手続きにつきましても、ご案内申し上げます。

 

STEP4

【最終ご案内書(旅のしおり)】

最終ご案内書(旅のしおり)をご出発7日前頃にお送りします。決定されたご出発便、ご利用ホテルは旅のしおりに記載されております。

 

STEP5

【ご出発】

旅のしおりでご案内いたします時間にご集合ください。係員がご出発のお手伝いをいたします。

 

 

旅行条件書(要旨)

お申込みの際は別途交付する旅行条件書(全文)をお受け取りになり、ご確認の上お申込みください。当社ホームページ(http://www.aeoncompass.co.jp/)でもご確認頂けます。

 

【募集型企画旅行契約】
この旅行はイオンコンパス株式会社[観光庁長官登録旅行業第239号](以下「当社」といいます。)が企画・募集し、実施する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は当社と「募集型企画旅行契約」(以下「旅行契約」といいます。)を締結とすることになります。

【お支払と旅行契約の成立】
〈申込金〉50,000円を申込書の提出時にお支払ください。(お振込先:イオンコンパス みずほ銀行 神田支店 普通預金 1216718)
〈旅行契約の成立〉当社の承諾と申込金の受理をもって契約の成立となります。
〈旅行代金残金〉旅行代金から申込金を差し引いた残金を旅行開始日の前日から起算してさかのぼって21日目にあたる日までにお支払ください。

【お申込み条件】
大人1名様以上でお申込みください。20歳未満の方はお問い合せください。宿泊の際、ご同行の方以外との相部屋はお受けしておりません。障害をお持ちの方、現在健康を損なっていらっしゃる方、妊娠中の方はその旨をお申し出ください。団体行動に支障をきたすと当社が判断する場合は、お申込みをお断りさせていただくか、同伴者の同行を条件とさせていただく場合があります。

【取り消しについて】
お客様のご都合で、旅行契約を解除する場合は、下記の取消料をお支払いいただきます。お取消の連絡は営業時間内でお申込み箇所のみにて受付いたしております。尚、取消料の対象となる代金とは、「旅行代金(基本旅行代金)」及び「追加代金」と表示した各種追加プラン代金から「割引代金」として表示した金額を引いた金額です。

旅行契約の解除期日 取消料(お一人様)
[1]旅行開始日がピーク時のとき、
旅行開始日の前日から起算して40日目に当たる日から30日目に当たる日まで
※ピーク期:4/27〜5/6、7/20〜8/31、12/20〜1/7
旅行代金の10%
[2]旅行開始日の前日から起算して30日目に当たる日以降
([3][4]に掲げる場合を除く)
旅行代金の20%
[3]旅行開始日の前々日以降
([4]に掲げる場合を除く)
旅行代金の50%
[4]旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%

【旅行契約内容・代金の変更】
視察先店舗・順序に関しては、視察企画者様の指示または現地事情により変更する場合があります。又、天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等のサービス提供の中止、官公署の命令等当社の関与しえない事由が生じた場合、契約内容を変更する場合があります。その変更に伴い、旅行代金を変更す
ることもあります。

【特別補償】
当社はお客様が当旅行参加中に、急激かつ偶然な外来の事故により、生命、身体または手荷物に被った一定の損害について、あらかじめ定める額の補償金及び見舞金を支払います。

【確定日程表】
確定した主な航空機の便名及び宿泊ホテル名が記載された確定日程表は、旅行開始前日までに交付します。ただし、旅行開始日の7日前以降にお申込みがあった場合は旅行開始日当日に交付することがあります。

【当社の責任とお客様の責任】
当社は、当社又は当社の手配代行者が故意又は過失によりお客様に損害を与えたときはその損害を賠償いたします。(手荷物の賠償はお一人15万円を限度とします。)又当社は、お客様の故意又は過失により当社が損害をこうむったときはお客様から損害の賠償を申し受けます。

【旅行条件要旨基準日】
この旅行条件要旨の基準日は2014年8月1日です。旅行代金・空港諸税は2014年8月1日現在有効なものとして公示されている航空運賃・適用規則を基準として算出しています。

【海外旅行保険への加入について】
より安心してご旅行いただくためにも、ご旅行中の病気や事故・盗難に備えて、海外旅行傷害保険に必ずご加入なさることをおすすめいたします。

 

お問合わせ
旅行企画・実施 

観光庁長官登録旅行業第239号 (社)日本旅行業協会正会員
イオンコンパス株式会社 コーポレイト営業部 担当:坂口・木村
〒261-7119 千葉市美浜区中瀬2-6-1WBGマリブイースト19F
TEL:043-350-3611 FAX:043-350-3171 営業時間 月〜金9:00〜18:00(土・日・祝休業)
※お電話でお問合わせの際は、「コーポレイト営業部」宛てにご連絡ください。

総合旅行業務取扱管理者:横山 俊慈

総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。このご旅行の契約等に関し、担当者からの説明にご不明な点がございましたら、 ご遠慮なく旅行業務取扱管理者にご質問ください。

 

企画内容に関するお問合わせ

日本小売業協会 担当:近江
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル3F
TEL:03-3283-7920 FAX:03-3215-7698

 

▲このページのトップに戻る