スリー・バイ・ワン(3×1)〜2011年創業のスコット・モリソンが手掛けるデニムブランド

 

 スリー・バイ・ワン 3×1

  デザイナー スコット・モリソンが手掛けるデニムブランドで、2011年に創業。1本のジーンズには3フィート=1ヤードの生地が必要ということに由来して、名付けられました。スコット氏は「Paper Denim&Cloth(ペーパーデニム&クロス)」、「Earnest Sewn(アーネストソーン)」といった数々のデニムブランドを立ち上げ、また、日本の「Evisu」ジーンズ米国法人CEOとクリエイティブディレクターを兼任するなど、長きに渡ってジーンズ生産に携わり、日本産デニム生地の素晴らしさを世界に広めた第一人者としても知られています。

 

  スリー・バイ・ワンのブランドでは、独特のムラがあり、履きこむことで特有の風合いや色落ちが生まれることが特長のデニム生地「セルヴィッジデニム」をメインに取り扱っています。スコット氏はこれまでのキャリアの中で出会った日本のデニム・メーカー11社から生地を輸入、自らの理想を形にしたジーンズ・ショップとして2012年、ニューヨークのソーホー地区に直営店をオープンしました。

 

  「デニムが生み出される全ての過程を透明にして、最高の生地を、最高の縫製で仕上げ、唯一無二のクオリティのデニムを作り上げる」というブランド信念に基づき、世界各国から取り寄せられた一流のデニム生地のロールが並ぶ店内の奥には、ガラス張りのアトリエが併設され、ジーンズ制作の工程を見ることが出来るようになっています。熟練の職人の手によって生地が裁断される様子や、丁寧かつ慎重にステッチが1列ずつ縫われていく様子など、自分が購入するデニムが作られていく様子を目の当たりにすることで、購入者にとっては愛着のある世界で1本だけのジーンズとなります。

 

  同ブランドの最大の特長は「カスタマイズ」であり、既成ジーンズのボタンなどを好きなものにカスタマイズするサービスや、生地を選んでから作るオーダーメイドのサービス、生産終了となった他社のジーンズや古くなったジーンズをリメイクするサービスを行っています。こだわり抜かれた生地や縫製、そして選び抜かれた職人によって作りだされる世界に1本だけの「マイ・デニム」を求めて、世界中から顧客が訪れる店となっています。直営店はニューヨーク・ ソーホーに1店のみですが、商品はバーニーズ・ニューヨークやバーグドルフ・グッドマンなどのデパートメントストアでも販売されています。(※2014年6月現在)

 

商品例

■THE COLLECTION(完成まで15分前後。295ドル〜)
裾直しと様々な種類の中から好きなボタンを選ぶことが可能。既成品でありながらオリジナルのデニムを作ることが出来ます。同スタイル・生地を使ったものは、20本ほどしか作製されず、1本ずつシリアルナンバーが入ります。

 

■THE CUSTOM(完成まで約5日。525ドル〜)
既存の型から選び、生地や糸、ポケットスタイルを自由にセレクト。

 

■BESPOKE(ビスポーク/打ち合せから仮縫いまで約2日、要予約。1,200ドル〜)
モリソン氏とデザインを相談して作り上げる完全オーダーメイド。135種類以上ある中から選んだデニム生地を使って仕上げ、1/1のシリアルナンバーが入ります。

 

 

 

 

上記企業の視察に関するお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 043-350-3611

コーポレイト営業部 

取扱営業時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


メールでのお問合わせはこちら
上記企業の視察をオーダーメイドで2名様から承ります
「米国オリジナル流通事情視察研修」

▲このページのトップに戻る