L.A.ライブ〜市と民間の共同プロジェクトでオープンしたロサンゼルスの複合施設

L.A.ライブ L.A. LIVE

  

 ロサンゼルス市と民間企業の共同で、1999年に着工された再開発プロジェクトの目玉として、2010年にオープンした大型複合エンターテイメント施設。広さは東京ドームの約2.5倍。L.A.ライブの中心でライブシアターが設置されている屋外広場の「ノキアプラザ」、グラミー賞50周年を機にオープンした「グラミー・ミュージアム」、オーディション番組アメリカン・アイドルのファイナルステージとしても有名な「ノキア・シアター」、スポーツ・チームの試合以外にもセレモニーやコンサートなどが行われる屋内競技場「ステープルズ・センター」、レストラン、バー、ナイトクラブ、アメリカの大型映画館チェーン「リーガルシネマグループ」が運営する映画館などの他、「ザ・リッツカールトン・ロサンゼルス」と「JWマリオットLAライブ」の2つのホテルで構成されています。

再開発により新しいマンションやコンドミニアムが立ち並び、住民が増えていることから、徒歩圏内には24時間営業のスーパーマーケット「Ralphs(ラルフス)」や、「Target(ターゲット)」の都市向け小型フォーマット「City Target(シティ・ターゲット)」や飲食店が入るショッピングモール「FIGat7th(フィグ・アット・セブンス)」なども新しくオープンしています。ダウンタウンの西の端に位置し、夜遅くまで人通りも多く賑わっています。

【所在地:800 W. Olympic Blvd., Los Angeles, CA 90015】

 

ノキアシアター

人気オーディション番組「アメリカンアイドル」のファイナルステージやアメリカンミュージック賞などの音楽イベントなどの他、年間120本のライブが行われるロサンゼルス最大のライブハウスで、収容人数は約7,000人。グラミー賞やエミー賞の受賞会場としても有名です。約2,000人収容可能な小規模シアター「クラブノキア」も併設。日本人アーティストのライブでも使われることがあります。

グラミー・ミュージアム

音楽の祭典「グラミー賞」の歴史がわかる4階建ての博物館。グラミー賞受賞時にアーティストが着ていた衣装や、使用していた楽器、それぞれのミュージシャンの歴史などが展示されています。サウンドトラックを作れる体験型の設備もあります。

施設内のレストラン・ナイトクラブ

アメリカン、ステーキハウス、日本食、シーフード、メキシカンなど様々なジャンルのレストランやバー等、約20店が揃っています。「アカデミー賞公式シェフ」と呼ばれ、アメリカでカリスマシェフとして名高いウルフギャング・パック氏が手がける「Wolfgang Puck Bar & Grill(ウォルフギャングパックバー&グリル)」、セレブ御用達として有名な日本食レストランの「Katsuya(カツヤ)」、プライムリブで有名な「Lawry's(ローリーズ)」のカジュアルレストラン「Lawry's Carvery(ローリーズカーベリー)」、ビバリーヒルズに本店を構え、唯一の支店となるカリフォルニア料理レストラン「The Farm of Beverly Hills(ザ・ファーム・オブ・ビバリーヒルズ)」などが立ち並びます。遅くまで営業しているプールサイドバーやスポーツバーなどもあります。 

 

 

 

 


 

上記SCの視察に関するお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 043-350-3611

コーポレイト営業部 

取扱営業時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


メールでのお問合わせはこちら
上記SCの視察をオーダーメイドで2名様から承ります
「米国オリジナル流通事情視察研修」

▲このページのトップに戻る