フェアウェイ(Fairway)〜農産の圧倒的なボリューム陳列と、グルメスーパーらしい店づくりが特徴

 

フェアウェイ Fairway

Fairway01.jpg 

1933年、ネイサン・クリックバーグ氏が青果を扱う店を始めたのがこの企業の始まりです。2007年に出資会社「スターリング・インベストメント・パートナーズ」に買収され、多店舗化に舵を切っており、ニューヨーク州で13店舗、ニュージャージー州で2店舗、コネチカット州1店舗の合計16店舗を展開しています。(2014年6月現在)

農産の圧倒的なボリューム陳列と、オーガニック・チーズ・デリカなどグルメスーパーの特徴を生かしつつ、量販体制をとっています。生産者と直接契約を行い、直接仕入れることで高品質・低価格を実現。生鮮食品の新鮮さ、販売量、品揃えはマンハッタン一と評価されるほどで、週の売上は100万ドル以上、在庫アイテム数は8万以上と言われています。店内入口は狭い市場のようで、また通路が狭いこともあり常に混雑しています。店内も天井近くまで商品が積み上げられ、所狭しと商品が並びます。米・穀物・コーヒー・オリーブ・ピクルス等の量り売りも充実しており、好きなものを好きな量だけ購入することが出来ます。

 

 Fairway02.jpg

ハドソン川沿いにあるハーレム店では、精肉売場全体が「COLD ROOM」と呼ばれる冷蔵庫になっており、内部は冷蔵庫内の温度に保たれています。そのため、顧客は「COLD ROOM」の入口でお店備え付けの防寒具を着て中に入り、買物をする珍しいスタイルです。またアッパーウエスト店では2階にカフェが併設されており、昼はカジュアルなレストラン、夜はステーキハウスになります。お店で販売されているお肉や野菜が使われており、その新鮮さや最高級の牛肉を食べられることからも人気があります。また「美味しい!」と思った商品があれば、帰りにお店で購入することが出来ます。他にも2階にはオーガニック専門ショップがあり、食品からサプリまで幅広い品揃えになっています。

 

 

 

 

上記企業の視察に関するお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 043-350-3611

コーポレイト営業部 

取扱営業時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)


メールでのお問合わせはこちら
上記企業の視察をオーダーメイドで2名様から承ります
「米国オリジナル流通事情視察研修」

▲このページのトップに戻る